どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/07/05

歴史文化を感じながら江差の町並を走ろう! 散走 in 江差 サイクリング・フォー・チャリティ2018

20180717

『散走 in 江差 サイクリング・フォー・チャリティ2018』を開催いたします。歴史を感じながら、江差の街並みを走ります。ドライブとはまた違う自転車の旅を楽しみませんか?

  • 日程
    2018年7月21日(土) 10:00 集合 ~ 15:00 解散
  • 場所
    えさし海の駅開陽丸(集合・解散)~江差町一円
  • 参加費
    2,000円 (入館料・昼食・保険)
  • 〆切
    2018年7月17日(火)
  • 参加対象
    自転車に乗れる人
  • 自転車
    普通の自転車でもOK
  • 特記
    電動アシスト付自転車レンタルの用意があります(先着5名様)
  • 申込
    氏名・住所・電話番号・メールアドレス・性別・年齢を明記の上メールまたはFAXにて申込下さい
  • 申込・問合せ
    歴史と文化を活かした南北海道サイクルツーリズム推進協議会事務局
    〒040‐0001 函館市五稜郭町31-8ロクゴービル3F北海道開発技術センター内
    TEL:080-1886-7099
    FAX:0138‐54‐3617
    Mail:y-satou@decnet.or.jp

 

歴史文化を感じながら江差の町並を走ろう!!

〈コース〉
えさし海の駅開陽丸 ⇒ 姥神大神宮 ⇒ 旧中村家住宅 ⇒ 旧檜山爾志郡役所 ⇒ 旧関川家別邸 ⇒ お食事処えさし(昼食) ⇒ 江差追分会館(実演鑑賞) ⇒ 江差町運動公園 ⇒ 五勝手屋本店(休憩) ⇒ 法華寺 ⇒ 江差海の駅開陽丸

〈オプション〉
かもめ島散策

 

【当日の持ち物】

  • 飲み物
  • 日焼け止め
  • 上着
  • タオル
  • リュック等バック
  • サングラス
  • ヘルメット
  • 手袋
  • 保険証写し

【服装】

  • 動きやすく汚れてもいい服
    NG:革靴・ハイヒール・ロングスカート・裾が広く長いパンツは危険

 

散走 in 江差 サイクリング・フォー・チャリティ2018 チラシ
散走 in 江差 サイクリング・フォー・チャリティ2018 申し込み書
どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトカプチ雄大空間 活動報告トピックスプレスリリース函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告十勝平野・山麓ルート 活動報告南十勝夢街道 活動報告大雪・富良野ルート 活動報告天塩川シーニックウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告層雲峡・オホーツクシーニックバイウェイ(候補) 活動報告支笏洞爺ニセコルート 活動報告札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート 活動報告東オホーツクシーニックバイウェイ 活動報告萌える天北オロロンルート 活動報告釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ 活動報告

2018/06/14

Scenic Byway Museum 〜シーニックバイウェイミュージアム〜

20180616-17-03.jpg

シーニックバイウェイの原点、それは「美しい道」

地域の魅力ある道路景観を活かした「世界水準の観光地」の形成に貢献することを目的として、2018年4月より、シーニックバイウェイ“秀逸な道(The Brilliant Byway)”プロジェクトが始動しました。

本展では、全道の秀逸な道を紹介するとともに「シーニックバイウェイ北海道」がいかにして生まれ、いかに地域で育まれ、これからどこへ向かおうとしているのか。その軌跡と今後の展望について、ご紹介します。

北海道の壮大な景観スケールとその美しい道路景観を“守り・育て・整える”プロセスを追体験し、北海道が持つ資源の豊かさと果てしない可能性を実感していただければ幸いです。

開催月日 2018年6月16日(土)~6月17日(日)
開催時間 10:00~17:00
開催場所 札幌駅前通 地下歩行空間チ・カ・ホ(ビル接続空間)

  • 全道の“秀逸な道”を展示
  • “秀逸な道”やシーニックバイウェイ北海道の歴史を映像で
  • チカホでコーヒーブレイク“シーニックカフェ”

その他、ワークショップメニューも充実。

 WS① あなたにとっての“秀逸な道”とは?
 WS② “秀逸な道”お絵かきバイウェイ
 WS③ 折り紙バイウェイ

是非、ご来場ください!

 

 

 

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/05/15

特別割引料金でお得!青函フェリー&JAFとのコラボ ≪ 北海道命名150年記念キャンペーン ≫

シーニックバイウェイ北海道&青函フェリー&JAFコラボ企画
≪北海道命名150年記念キャンペーン≫

 

北海道の命名150年を記念しまして、シーニックバイウェイ北海道・青函フェリー・JAFでコラボで、≪北海道命名150年記念キャンペーン≫を実施します!キャンペーン期間中、青函フェリーを特別割引料金にて、JAF会員の皆様には関連施設を施設優待割引にてご提供いたします!

≪キャンペーン期間:2018年6月1日(金)~9月30日(日)※≫

 

「北海道命名150年」を迎える記念すべき北の大地を『シーニックバイウェイ北海道ルート』で巡る!

かつて北の大地北海道は、「蝦夷地」と呼ばれておりましたが、1869年8月15日、太政官布告によって「北海道」と命名され、本年は150年の節目にあたります。シーニックバイウェイ北海道推進協議会の構成員であるJAF((社)日本自動車連盟北海道本部)、協力団体である青函フェリーは、この記念イヤーにぜひとも、北海道のお・も・て・な・しロードであるシーニックバイウェイ北海道で巡って頂きたく、特別割引キャンペーン(2018年6月1日(金)~9月30日(日))を実施する運びとなりました!

 

今回は、シーニックバイウェイ北海道【どうなん・追分シーニックバイウェイルート】を楽しんでいただけるよう、おすすめルート【どうなん・追分シーニックバイウェイルート編】を、青函フェリーwebサイトに掲載しております。

 

青森から青函フェリーで、北の大地の玄関口・函館に渡って頂き、わくわくの【どうなん・追分シーニックバイウェイルート】をご体感頂ければと存じます!

 

◆JAF会員様は、各地を巡る際はぜひ、JAF会員優待施設優待割引でお得な旅をご満喫ください!

※フェリー割引料金はキャンペーン期間中の8/1(水)〜20(月)を除きます。

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/01/31

第七回 江差北前のひな語り

esashi坂

2018年2月3日(土)~3月18日(日)の期間で「第七回 江差北前のひな語り」が始まります。
みなさまぜひ江差へお越しください!

「第七回 江差北前のひな語り」
日時:平成30年2月3日(日)~3月18日(日)
会場:歴まち一帯
主催:北前ひな語り実行委員会・江差町歴まち商店街協同組合
共催:江差町
協賛:どうなん・追分シーニックバイウェイルート運営代表者会議

街一帯が会場です。期間内に赤い旗が掛けてある店や家で、雛人形を見る事ができます。
気軽に訪れて、街の人にふれあいながら江差町の歴史を訪ね歩いてはいかがでしょう。
寒い季節にぬくもりあるいにしえ街道の”赤い毛せん”が美しい景観を作り出しています。

【イベントスケジュール】
◆ 2/3(土) 10:00~11:00
開会式(神楽等) / 姥神大神宮 / 無料
◆ 2/10(土)・11(日) 11:00~16:00
クラフト教室 / 町会所会館 / 有料 / 申込0139-52-6565
◆ 2/17(土)・3/10(土) 13:00~15:00
着付け教室 / たじまや / 無料 / 申込0139-52-6565 / 定員6名
◆ 2/24(土) 13:00~15:00
和小物作り教室 カンナヅキ / 有料 / 申込090-3110-2257 / 定員8名
◆ 2/25(日) 13:00~16:00
こぎん刺し教室 カンナヅキ / 有料 / 申込090-3110-2257 / 定員8名
◆ 3/3(土) 13:00~15:00
金婚式 / 町会所会館 / 無料
◆ 3/11(日)
11:00~15:00
茶道による呈茶 / 中村家 / 無料
14:00~15:00
お琴演奏会 / 町会所会館 / 無料
◆ 3/17(土) 10:00~12:00
パステル和アート 町会所会館 / 有料 / 申込090-3773-9863 / 定員8名

◆ 2月毎週水曜日
10:00~15:00
つるし雛飾り教室 / 遊工房紺屋 / 有料 申込0139-52-0489

◆ 期間中
子ども(園児対象)スタンプラリー
フォトコンテスト(応募用紙は壱番蔵・町会所会館等に設置)

 

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックスプレスリリース

2017/12/07

寒中みそぎまちあかり(木古内町)

2018年1月13日(土)〜15日(月)の3日間に渡って開催される「第188回 寒中みそぎ祭り」は、木古内町を代表する歴史あるお祭りです。大寒の時節に厳寒に耐え若者4名が水ごりをし祈りを捧げます。若者たちの勇壮に観ている人々は感動を覚える事でしょう。

【日時】
2018年1月14日(日) 17:00~

【場所】
みそぎ公園出発(上磯郡木古内町字本町150番地の1横) → 佐女川神社終点(上磯郡木古内町木古内155-1)

【参加】
無料

【トピックス】
・かがり火・みそぎキャンドル・イルミネーションロード
・おもてなしキャンドル等
・みそぎ行列は18:00から
・終点佐女川神社ではみそぎ太鼓・みそぎ囃子
・水ごり・冨まき・冬花火の舞が行われます。

2018年1月13日(土) 18:00~
参籠報告祭
場所:佐女川神社
2018年1月15日(月) 10:00~
出御祭・本祭・松前神楽
大漁旗漁船航行・みそぎ物産フェア
みそぎもちまき・みそぎ抽選会
はこだて和牛・グルメ魅了フェア

【場所】
みそぎ浜・みそぎ公園

【併催事業】
* 寒中みそぎぬくもりツアー
* 第17回寒中みそぎ写真コンテスト

【主催】
木古内町観光協会・木古内商工会

【主管】
寒中みそぎフェスティバル2018実行委員会

【後援】
木古内町・どうなん追分シーニックバイウェイルート

ページの先頭へ戻る