どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2019/06/04

平成から令和へ継承します!「はこだて花かいどう2019」花植活動(函館・大沼・噴火湾ルート)

20190608hanakaidou-04

「函館花いっぱい道づくりの会(愛称名:はこだて花かいどう)」では、函館市の玄関口である国道5号(函館新道)の沿道において、約800人の参加者が色とりどりの花を植栽し、行き交う人々をおもてなしの心で迎えます。

この取組は、シーニックバイウェイ北海道「函館・大沼・噴火湾ルート」の活動団体である「函館花いっぱい道づくりの会」により実施されるものです。

2004(平成16)年度から始まったこの取組は、地域の各町会の皆様や小・中・高校生、スポーツ少年団などの団体が協力し、行き交う人々に癒やしの空間を提供するため植樹帯に花を植栽する活動であり、今年で16年目を迎えます。

当初11団体430人からスタートした活動は、回を重ねるごとに参加者や規模が増え、現在の構成団体数は28団体になり、15年目の節目を迎えた昨年は約1,100人が参加する全道一の規模を誇る活動となりました。

植栽した花々は、地域の人々が心を込めて手入れを行い、10月下旬まで咲き続け、訪れる人々を出迎えます。

 

  • 実施日時
    2019年6月8日(土) 8:30~(雨天決行)
  • 実施場所
    国道5号(函館新道)沿道 函館市石川町及び桔梗町
    ※集合場所函館開発建設部函館除雪ステーション構内
    (函館市桔梗町435番地)
  • 実施団体
    函館花いっぱい道づくりの会(愛称名「はこだて花かいどう」)
  • 活動内容
    植樹帯(花壇)への花植
    花苗約8,000株(マリーゴールド、ベゴニア等)
  • 問合せ先
    代表:折谷 久美子
    NPO法人スプリングボードユニティ21
    TEL:0138-45-7576

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/12/20

2018年12月23日 どうなん追分シーニックdeナイト開催

20181223scenicdenight

2018年12月23日(日・祝)にどうなん追分シーニックバイウェイルートの道の駅ほか5会場で、どうなん追分シーニックdeナイトを開催いたします。
たくさんのお楽しみを用意してお待ちしていますので、冬道安全運転でキャンドルの灯りを見に来てください!!

①道の駅 あっさぶ (R227沿い)
16:00~17:00頃まで開催 キャンドル100本設置予定
★あたたかい特製きのこスープ 無料(先着数名)

②えさし海の駅開陽丸 (R228から1分)
16:00~18:00まで開催  キャンドル50本設置予定
★ホットコーヒー&菓子 無料(先着数名)

③道の駅上ノ国もんじゅ(R228沿い)
16:30~18:30頃まで開催 キャンドル150本設置予定
★ホットドリンク&ミニラーメン 無料(先着数名)

④道の駅みそぎの郷きこない(R228から1分)
16:00~18:00まで開催  キャンドル100本設置予定
★ミニケーキ 無料(先着数名)

⑤道の駅しりうち
16:00~17:00頃まで開催 キャンドル100本設置予定
★ホットドリンク&おっぱい饅頭 無料(先着数名)

 

詳細はチラシをご覧ください。
どうなん追分シーニックdeナイトチラシ

 

主催:どうなん・追分シーニックバイウェイルート運営代表者会議

問合:事務局:01392-6-7357(木古内町観光協会)

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/09/20

第26回 殿様街道探訪ウォーク in 秋 参加者募集中!

26th_tonosamakaidou

どうなん追分シーニックバイウェイルート恒例、年に2回 春・秋に行われる殿様街道探訪。
今年も秋の「殿様街道探訪」が開催されます。ふるってご参加ください。

今回のテーマは『 没後200年記念 伊能忠敬の道 part7 』です。

第26回殿様街道探訪ウォーク in 秋

【日時】   10月21日(日)8:40集合

【集合場所】 大千軒岳登山道国道入口より1.5㎞の広場(係員誘導)

【内容】   殿様街道ウォーク・松前神楽観賞(国指定重要無形民俗文化財)
千軒10割そば(昼食)

【参加費】  一人3,000円 現地集合時集金(保険料・昼食費その他費用)

【参加者】  高校生以上 定員50名

テーマ 没後200年記念 伊能忠敬の道PART7

【持ち物】  長靴・帽子・手袋・タオル・おやつ・飲料水・雨具

【問合申込】 福島町役場内産業課商工観光係 TEL:0139-47-3004

【当日連絡】 090-7057-6050(金谷)  e-メール info@e-nakatsuka.com

【主催】   福島町千軒地域活性化実行委員会

【共催】   どうなん追分シーニックバイウェイルート

 

詳細はチラシ画像をご覧ください。

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/09/20

チャリ旅みなみ北海道〜松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー

20181021monitor

「松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー」の参加者を募集しています。

津軽海峡・日本海のドラマチックな景観と汐の香りを感じながら、サイクリングを楽しみ、国道沿いに散りばめられている、地域の町の歴史や文化に触れながら巡ります。
エイドステーション*では地域の特産スィーツ等も用意してお待ちしています。
今回はモニターツアーでお得な価格になっています。ご興味のある方ぜひご参加ください。

*エイドステーション:マラソンや自転車を使ったロードレースで、水分や食べ物を補給できるようコースの途中に設けた施設


チャリ旅みなみ北海道
松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー

  • 日程 10月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝) 2泊3日
  • 集合 道の駅みそぎの郷きこない
  • 利用ホテル 1泊目温泉旅館矢野(松前)・2泊目ホテルニュー江差(江差)
  • 旅行代金
    大人1人 29,800円 (税込) (2名1室利用)
    大人1名 33,800円 (税込) (1名1室利用)
    (含まれるもの 朝食2回・昼食3回・夕食2回・施設入場料・補給食・サポートカー代金・ガイド料金)
  • 申込問合 (株)JTB 北海道事業部函館オフィス TEL:0138-56-1711 (月~金 9:30~17:30 担当:塩地・川村・佐藤)※企画協力を「歴史・文化を活かした南北海道サイクルツーリズム推進協議会」が行っています。
    この協議会は、どうなん追分シーニックバイウェイルートが立上げたサイクルツーリズムのための推進協議会で、シーニックバイウェイ支援センターも加盟しています。
松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアーチラシ

「チャリ旅みなみ北海道」
https://cycletourism-southhokkaido.org/
「チャリ旅みなみ北海道」サイトの制作運営は『歴史・文化を活かした南北海道サイクルツーリズム推進協議会』が行なっています。みなみ北海道エリアにおいて、ここだけの特色ある歴史や文化を体験しつつ、北海道の素晴らしい景観の中を自転車でのんびりと旅する楽しみ方をご紹介します。

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/09/19

江差いにしえバル街

esashiinishie_bar

函館発祥の地域の魅力を感じながら食べ歩き・飲み歩きを楽しむ日本のイベント「バル街」
函館西部地区バル街実行委員会のバックアップのもと、ついに江差いにしえ街道をステージに「江差いにしえバル街」が実現します!
ときは「第56回江差追分全国大会決選会」の前日夕暮れ、いにしえ街道の一夜限りの変貌にご注目ください!!

【日時】
 2018年9月22日(土) 14:00~20:00

【参加店】
 15店

【チケット】
・前売チケット 3,500円  1冊(700円×5枚)
 チケットは事務局・参加店などで販売
 メール、Facebookメッセージでも予約受付いたします。
 E-mail:omichi@esashi.sakura.ne.jp
・当日チケット 4,000円  1冊(800円×5枚)
 壱番蔵に設置の「バル街i」のみで当日販売(数量限定)

江差いにしえバル街チラシ

【問合せ先】
 皐月蔵チャミセ内事務局
 TEL:090-7656-5473(中島氏)

【バル街公式Facebookページ】
  https://www.facebook.com/esashibar/

 

  • 主催 江差いにしえバル街実行委員会・江差いにしえ資源研究会
  • 後援 北海道檜山振興局・江差町
  • 協力 函館西部地区バル街実行委員会、江差商工会、江差追分会、どうなん・追分シーニックバイウェイルート運営代表者会議、津軽海峡マグロ女子会、道南うみ街信用金庫

ページの先頭へ戻る