宗谷シーニックバイウェイ 活動報告

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス宗谷シーニックバイウェイ 活動報告

2019/11/01

地域創生フォーラムXⅣ ~始動!空知シーニックバイウェイ!~を開催します!!

R01forum

空知建設業協会が2004(平成16)年から実施してきた「地域創生フォーラム」を今年も開催します。
第14回目を迎える今回は、地域のみなさまに、シーニックバイウェイの魅力を発信して賛同者を増やし、空知シーニックバイウェイを盛り上げ、空知の活性化と地域の個性創出に繋げていくことを目的としてフォーラムを開催致します。ぜひ、お越しください!!

【開催概要】
「地域創生フォーラムⅩⅣ ~始動!空知シーニックバイウェイ!~」

  • 日 時:2019年11月18日(月) 14:30~17:00
  • 会 場:まなみーる岩見沢市文化センター(岩見沢市9条西4丁目、空知総合振興局前)
  • 参加料:無料

【プログラム】

  • 14:30~開会
  • 14:40~基調講演「シーニックバイウェイの北海道のはじまりからこれまで」
    講師:シーニックバイウェイ支援センターボランティアスタッフ、前国土交通省北海道局長 和泉晶裕 氏
  • 15:30~休憩
  • 15:40~座談会「始動!空知シーニックバイウェイ!

【登壇者】

  • シーニックバイウェイ支援センターボランティアスタッフ、前国土交通省北海道局長 和泉晶裕 氏
  • 定非営利活動法人ほっかいどう学推進フォーラム理事長 新保元康 氏
  • 空知シーニックバイウェイ副代表・有限会社 山﨑ワイナリー栽培担当 山﨑太地 氏

【司会】

  • 株式会社 建新総合研究所 代表取締役社長 荒木正芳 氏
  • 16:50~抽選会(空知の特産物が抽選で当たります)
  • 17:00 閉会

【お申し込み、お問い合わせ】

  • 地域創生フォーラムⅩⅣ facebookページ
    https://www.facebook.com/events/3466255263392152/facebookに登録をされている方は、このイベントページにて「参加予定」ボタンを押していただくだけで、参加申し込みが完了するようになっております。*イベントに関するお問い合わせなども、投稿欄に書き込みいただければご回答させていただきますので、遠慮なく書き込みいただければと思います。

    また、お電話やメールでのお申込みも受付しております。
    メール:admin@ku-ken.net
     FAX:0126-25-2459 電話:0126-23-1836

    ご不明な点などがある場合も、遠慮なくご連絡いただければ幸いです。(担当:岡本)

【主催・後援・協賛】

  • 主催:一般社団法人 空知建設業協会
  • 後援:北海道空知総合振興局 / 国土交通省北海道開発局札幌開発建設部 /空知地方総合開発期成会 / 岩見沢商工会議所 / 一般社団法人 北海道建設業協会 / 一般社団法人 シーニックバイウェイ支援センター/空知シーニックバイウェイ/株式会社 北海道新聞社
  • 協賛: / 株式会社 北海道建設新聞社 / 株式会社 北海道通信社 / 株式会社 空知新聞社

 

地域創生フォーラムチラシ

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス天塩川シーニックバイウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告

2019/07/22

天塩川シーニックバイウェイ×宗谷シーニックバイウェイルート連携企画! TEPPEN-RIDE 2019 ~参加者募集

TEPPEN-RIDE2019_1

手つかずの美しい自然風景が残る日本最北端エリア「きた北海道」。

初日、旭川駅を出発して日本最北端「宗谷岬」を目指して連続3日間、自分の力で約315kmの道を進み続ける自転車の旅(イベント)の参加者を募集します。
信号もなく、どこまでも真っすぐに続く美しく快適な「道」、北へ向かって流れる北海道遺産「天塩川」、氷河期に形成されたなだらかな曲線の連なりが美しい「宗谷丘陵」、日本海に浮かぶ利尻島(利尻山)、サハリンを横目に、日本のてっぺん「宗谷岬」を目指す、自転車好きにはたまらないルートです。もくもくと漕ぎつづける中で、地元の「人」との触れあいを楽しみ、地域の美味しい「食」に出会う。
ここにしかない、ここでしかできない、1年に1回のイベントです。

■実施概要

〇実施日:2019年9月20日(金)~9月22日(日)
〇コース:全工程総走行距離 約315km
<1日目>

  • 走行距離:約92km
  • コース:
    【スタート】JR旭川駅・北彩都(旭川市)
    【ゴール】駅前交流プラザ「よろーな」(名寄市)

<2日目>

  • 走行距離:約90km
  • コース:
    【スタート】駅前交流プラザ「よろーな」(名寄市)
    【ゴール】「ナポート・パーク」(中川町)

<3日目>

  • 走行距離:約133km
    コース:
    【スタート】「ナポート・パーク」(中川町)
    【ゴール】「宗谷岬」(稚内市)

 

■募集概要
・募集期間:2019年8月20日(火)17時まで
・募集人数:20名
・参加費 :48,000円(全行程参加)
*その他、2日間の参加等もございます。
★参加応募については、こちらのチラシ(PDF)をご覧ください。

★きた北海道エコ・モビリティも併せてご覧ください。
http://northernhokkaido-ecomobility.jp/

 

●お問い合わせ●
天塩川シーニックバイウェイ 事務局(畑中)
電話:01654-9-6711
メール:info-ecomobi@scenicbyway.jp

〇主催:
天塩川シーニックバイウェイルート運営代表者会議、
宗谷シーニックバイウェイルート運営代表者会議

〇共催:
シーニックバイウェイ支援センター

〇ツアー主催:
北日本観光株式会社

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス大雪・富良野ルート 活動報告天塩川シーニックバイウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告萌える天北オロロンルート 活動報告

2019/05/29

シーニックバイウェイ北海道「道北ルート連携フォトコンテスト2019」のご案内

renkei-photocon2019

シーニックバイウェイ北海道の「宗谷シーニックバイウェイ」「萌える天北オロロンルート」「大雪・富良野ルート」「天塩川シーニックバイウェイ」の道北4ルートが連携したフォトコンテストを開催します。
4ルートのうち2ルート以上で撮影した作品をお送りください。

入選作品は、写真パネルを作成し、パネル展等を実施します。
なお、グランプリに選ばれた方には各ルートの地域特産品合計2万円相当をプレゼントします!

どなたでもご応募いただけますので、皆さまふるってご応募下さい。お待ちしております。

 

【テーマ】自由(道北4ルート内の美しい風景や人の営み等を撮影した写真)

【応募期間】
2019年6月3日 (月)〜9月30日 (月) 作品提出・応募締切、消印有効

 

【賞】

  • グランプリ(1名) 2万円相当の地域特産品
  • ルート賞(4名) 5,000円相当の地域特産品
  • 入選(8名) 4,000円相当の地域特産品
  • 学生部門 入選(4名/校) 4,000円相当の図書券

 

【申込方法】
申込書を実行委員会ウェブサイト(https://www.biei.org/scenicbyway-photocontest/)ダウンロードの上、下記お申込み先にお申込みください。郵送もしくはE-mailでご応募ください。


【詳細はこちら】

道北ルート連携フォトコンテスト2019

 

【主催】
シーニックバイウェイ北海道 道北ルート連携フォトコンテスト実行委員会

 

【後援】
北海道開発局 稚内開発建設部
北海道開発局 留萌開発建設部
北海道開発局 旭川開発建設部

 

【お申込み先・お問い合わせ先】
〒097-0022 北海道稚内市中央2丁目4-8
稚内商工会議所内シーニックバイウェイ北海道 宗谷シーニックバイウェイ
「道北ルート連携フォトコンテスト」 係
tel : 0162-23-4400 / fax : 0162-22-3300
mail : dohoku.scenic@gmail.com

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス大雪・富良野ルート 活動報告天塩川シーニックバイウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告萌える天北オロロンルート 活動報告

2018/10/24

道北ルート連携フォトコンテスト2018の審査会が開催されました。

20181024-01

シーニックバイウェイ北海道「宗谷シーニックバイウェイ」「萌える天北オロロンルート」「大雪・富良野ルート」「天塩川シーニックバイウェイ」の、道北4ルートが連携したフォトコンテストが2018年9月14日まで実施されておりました。

道北ルート連携フォトコンテスト2018の審査が終了しました。
今年から3ルートから4ルートに拡大されてのコンテストとなり、2ルート以上で撮影した作品が応募要件にもかかわらず、100作品以上の応募がありました。

最終的には各ルートの代表者の方々が中心となって、ルート賞などが決定され、後日発表となります。

(写真引用:菊池 晴夫氏フェイスブックより)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス宗谷シーニックバイウェイ 活動報告

2018/09/12

利尻島ファミリーサイクリング モニター募集

利尻島には約25mの自転車専用道が整備され、どなたでも安全にサイクリングを楽しむことができます。
現在、島の新たな観光としサイクルツーリズムに取り組んでおり、今後は「家族(ファミリー)」を対象に、サイクリングを楽しんでいただける環境づくりを進めていきたいと考えております。

そこで、家族で楽しむサイクリング観光について、宗谷シーニックバイウェイと利尻富士町が連携し、実施現状の課題や今後の可能性を調査するために、モニターを募集します。

モニターは、往復のフェリー代や宿泊代がかからない他、利尻富士町所有のレンタル自転車を無料で貸し出します。この機会に、利尻でサイクリングを楽しみませんか。

 

  1. モニターの対象
    中学生以下のお子さんと参加される親子または家族の方
    なおかつ
    自転車に乗ることができ、利尻島を自転車観光される方
  2. 募集人数
    5組 ※定員になり次第、締め切らせて頂きます。
  3. 日程
    2018年9月29日(土)~30日(日) 1泊2日
  4. モニター内容
    往復のフェリー代(2等)、宿泊費(1泊2食付き・親子同室)は、こちらで負担します。
    レンタル自転車は無料で貸し出します。
    参加者にはアンケートのご協力いただきます。
    その他、昼食などの費用については、各自ご負担ください。
  5. 行程
  6. 利尻島の自転車観光の魅力
    自転車専用道(25km)が整備され、安全に自転車を乗ることができます。
    利尻島は1周約55kmです。がんばれば1周できます。
    島内を運行するバスには、自転車と一緒に乗車することができます。
  7. 実施
    主催:利尻富士町
    協力:宗谷シーニックバイウェイ
  8. 申し込み・問合せ先
    (事業委託)
    一般社団法人北海道開発技術センター 調査研究部 担当:芝崎・小西
    電話:011-738-3363 ファックス:011-738-1889
  9. 申し込み方法
    電話またはファックスにてお申し込み下さい。【締め切り:2018年9月25日(火)】
    参加者の、氏名(よみがな)、住所、連絡先、年齢、性別、身長、体重 をお知らせください。
    ※貸し出すレンタル自転車のサイズを確認しますので、身長・体重もご記入下さい。
    ※天候等により中止となる場合があります。利尻島ファミリーサイクリング モニター募集申し込み用紙

ページの先頭へ戻る