どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/05/15

特別割引料金でお得!青函フェリー&JAFとのコラボ ≪ 北海道命名150年記念キャンペーン ≫

シーニックバイウェイ北海道&青函フェリー&JAFコラボ企画
≪北海道命名150年記念キャンペーン≫

 

北海道の命名150年を記念しまして、シーニックバイウェイ北海道・青函フェリー・JAFでコラボで、≪北海道命名150年記念キャンペーン≫を実施します!キャンペーン期間中、青函フェリーを特別割引料金にて、JAF会員の皆様には関連施設を施設優待割引にてご提供いたします!

≪キャンペーン期間:2018年6月1日(金)~9月30日(日)※≫

 

「北海道命名150年」を迎える記念すべき北の大地を『シーニックバイウェイ北海道ルート』で巡る!

かつて北の大地北海道は、「蝦夷地」と呼ばれておりましたが、1869年8月15日、太政官布告によって「北海道」と命名され、本年は150年の節目にあたります。シーニックバイウェイ北海道推進協議会の構成員であるJAF((社)日本自動車連盟北海道本部)、協力団体である青函フェリーは、この記念イヤーにぜひとも、北海道のお・も・て・な・しロードであるシーニックバイウェイ北海道で巡って頂きたく、特別割引キャンペーン(2018年6月1日(金)~9月30日(日))を実施する運びとなりました!

 

今回は、シーニックバイウェイ北海道【どうなん・追分シーニックバイウェイルート】を楽しんでいただけるよう、おすすめルート【どうなん・追分シーニックバイウェイルート編】を、青函フェリーwebサイトに掲載しております。

 

青森から青函フェリーで、北の大地の玄関口・函館に渡って頂き、わくわくの【どうなん・追分シーニックバイウェイルート】をご体感頂ければと存じます!

 

◆JAF会員様は、各地を巡る際はぜひ、JAF会員優待施設優待割引でお得な旅をご満喫ください!

※フェリー割引料金はキャンペーン期間中の8/1(水)〜20(月)を除きます。

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス

2018/01/31

第七回 江差北前のひな語り

esashi坂

2018年2月3日(土)~3月18日(日)の期間で「第七回 江差北前のひな語り」が始まります。
みなさまぜひ江差へお越しください!

「第七回 江差北前のひな語り」
日時:平成30年2月3日(日)~3月18日(日)
会場:歴まち一帯
主催:北前ひな語り実行委員会・江差町歴まち商店街協同組合
共催:江差町
協賛:どうなん・追分シーニックバイウェイルート運営代表者会議

街一帯が会場です。期間内に赤い旗が掛けてある店や家で、雛人形を見る事ができます。
気軽に訪れて、街の人にふれあいながら江差町の歴史を訪ね歩いてはいかがでしょう。
寒い季節にぬくもりあるいにしえ街道の”赤い毛せん”が美しい景観を作り出しています。

【イベントスケジュール】
◆ 2/3(土) 10:00~11:00
開会式(神楽等) / 姥神大神宮 / 無料
◆ 2/10(土)・11(日) 11:00~16:00
クラフト教室 / 町会所会館 / 有料 / 申込0139-52-6565
◆ 2/17(土)・3/10(土) 13:00~15:00
着付け教室 / たじまや / 無料 / 申込0139-52-6565 / 定員6名
◆ 2/24(土) 13:00~15:00
和小物作り教室 カンナヅキ / 有料 / 申込090-3110-2257 / 定員8名
◆ 2/25(日) 13:00~16:00
こぎん刺し教室 カンナヅキ / 有料 / 申込090-3110-2257 / 定員8名
◆ 3/3(土) 13:00~15:00
金婚式 / 町会所会館 / 無料
◆ 3/11(日)
11:00~15:00
茶道による呈茶 / 中村家 / 無料
14:00~15:00
お琴演奏会 / 町会所会館 / 無料
◆ 3/17(土) 10:00~12:00
パステル和アート 町会所会館 / 有料 / 申込090-3773-9863 / 定員8名

◆ 2月毎週水曜日
10:00~15:00
つるし雛飾り教室 / 遊工房紺屋 / 有料 申込0139-52-0489

◆ 期間中
子ども(園児対象)スタンプラリー
フォトコンテスト(応募用紙は壱番蔵・町会所会館等に設置)

 

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックスプレスリリース

2017/12/07

寒中みそぎまちあかり(木古内町)

2018年1月13日(土)〜15日(月)の3日間に渡って開催される「第188回 寒中みそぎ祭り」は、木古内町を代表する歴史あるお祭りです。大寒の時節に厳寒に耐え若者4名が水ごりをし祈りを捧げます。若者たちの勇壮に観ている人々は感動を覚える事でしょう。

【日時】
2018年1月14日(日) 17:00~

【場所】
みそぎ公園出発(上磯郡木古内町字本町150番地の1横) → 佐女川神社終点(上磯郡木古内町木古内155-1)

【参加】
無料

【トピックス】
・かがり火・みそぎキャンドル・イルミネーションロード
・おもてなしキャンドル等
・みそぎ行列は18:00から
・終点佐女川神社ではみそぎ太鼓・みそぎ囃子
・水ごり・冨まき・冬花火の舞が行われます。

2018年1月13日(土) 18:00~
参籠報告祭
場所:佐女川神社
2018年1月15日(月) 10:00~
出御祭・本祭・松前神楽
大漁旗漁船航行・みそぎ物産フェア
みそぎもちまき・みそぎ抽選会
はこだて和牛・グルメ魅了フェア

【場所】
みそぎ浜・みそぎ公園

【併催事業】
* 寒中みそぎぬくもりツアー
* 第17回寒中みそぎ写真コンテスト

【主催】
木古内町観光協会・木古内商工会

【主管】
寒中みそぎフェスティバル2018実行委員会

【後援】
木古内町・どうなん追分シーニックバイウェイルート

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックスプレスリリース

2017/12/07

X’masアコースティックライブ~どうなん追分シーニックdeナイト(木古内町)

今年の春に続いて第二弾!
地元の音楽愛好家たちがアコースティックギター中心のミニライブを開催します。フルート奏者で地元出身の境・嶺井さんも特別参加します。音楽で楽しいクリスマスを一緒に過ごしませんか。

※詳しくは
X’masアコースティックライブ~どうなん追分シーニックdeナイト

https://kikonai.jp/post-5057/

【日時】
2018年12月23日(土)
18:00 OPEN
18:15 START
19:30 FINISH

【場所】
道の駅みそぎの郷きこない(上磯郡木古内町字本町338−14)

【入場】
無料

【トピックス】
フルートの奏で:堺さん・嶺井さん演奏

*おつまみセット 特価500円(通常760円相当)限定100セット
(みそぎの塩ザンギ・みそぎの塩ポテト・タコ入りイカすりみ・生ビールorジュース1本)
12月9日(土) 道の駅で引換え券販売スタート

【主催】
一般社団法人木古内公益振興社 Tel:01392-2-3161

【協賛】
どうなん・追分シーニックバイウェイルート

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックスプレスリリース

2017/12/07

牛乳パックみそぎキャンドル製作会(木古内町)

2018年1月13日(土)~15日(月)に約200年の伝統を誇る「寒中みそぎ祭り」が行われます。
多くの観光客に来て頂き、心温まるおもてなしを考え、「寒中みそぎフェスティバル」に合わせて町全体を様々な光で彩るイベントとしてワックスキャンドルを作製します。
今年は、北海道150年に因んで150個製作予定です!
ぜひご参加ください。

【日時】
2017年12月10日(日) 10:00~

【場所】
木古内保育園 Tel:01392-2-2793
(木古内町字本町669 コープさっぽろ木古内店向かい)

【対象】
どなたでも参加ください

【目標製作数】
150個 2018年1月14日(日)の寒中みそぎ祭りにて使用

【持物】
各自スリッパ等・エプロン(汚れてもいい服装)
靴下(取替え用)・牛乳パック

【服装】
外気が入ってくるので温かくしてきてください。
厚手の靴下

【主催】
寒中みそぎフェスティバル2018実行委員会

【共催】
どうなん・追分シーニックバイウェイルート

【協力】
木古内商工会女性部

ページの先頭へ戻る