天塩川シーニックウェイ 活動報告

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックス天塩川シーニックウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告

2017/07/28

天塩川流域ミュージアムパークウェイと宗谷シーニックバイウェイルートの連携!TEPPEN-RIDE 2017~参加者募集

手つかずの美しい自然が残る日本最北端エリア「きた北海道」。
旭川駅を出発し、日本最北端「宗谷岬」を目指して3日間、自分の力で約318kmの道を進み続ける自転車の旅(イベント)の参加者を募集します。
信号もなく、どこまでも真っすぐに続く美しく快適な「道」、北へ向かって流れる北海道遺産「天塩川」、氷河期に形成されたなだらかな曲線の連なりが美しい「宗谷丘陵」、日本海に浮かぶ利尻島(利尻山)、サハリンを横目に、日本のてっぺん「宗谷岬」を目指す、自転車好きにはたまらないルートです。もくもくと漕ぎつづける中で、地元の「人」との触れあいを楽しみ、地域の美味しい「食」に出会う。ここにしかない、ここでしかできない、1年に1回の今年初のイベントです。

 

■実施概要

  • 実施日:2017年9月1日(金) ~9月3日(日)
    コース:
     全工程総移動距離 約314km
  • <1日目>
    ・自転車走行総距離と時間 : 約96km / 約300分
    コース:
     【スタート】JR旭川駅 9:00 (旭川市)
    【ゴール】駅前交流プラザ「よろーな」17:00頃 (名寄市)
  • <2日目>
    ・自転車走行総距離と時間 : 約90km / 約250分
    コース:
    スタート】駅前交流プラザ「よろーな」9:00 (名寄市)
    【ゴール】 「ナポート・パーク」16:00頃 (中川町)
  • <3日目>
    ・自転車走行総距離と時間 : 約132km / 約400分
    コース:
     【スタート】「ナポート・パーク」7:30 (中川町)
    【ゴール】 「宗谷岬」16:30頃 (稚内市)

 

■募集概要

  • 募集期間:2017年7月21日(金) 12:00~8月10日(木) 17:00まで
  • 募集人数:100名
  • 参加料:
    <2日間参加> 20,000円
    <3日間参加> 25,000円

 

★詳しくは、下記サイトを参照ください。
きた北海道エコ・モビリティ 

 

●お問い合わせ・申し込み先●
きた北海道エコ・モビリティ推進連絡会議 事務局(中川町観光協会内)
電話:01656-8-7085(平日9:00~17:00のみ対応 / *土日祝は定休)
FAX:01656-8-7086
メール:info@nakagawatourism.com

 

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックスプレスリリース天塩川シーニックウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告

2016/09/20

きた北海道エコ・モビリティ モニターツアー

地域の魅力あるスポットを巡りながら、自転車、カヌー、トレッキングなどの
アクティビティと公共交通を組み合わせた新しい旅のスタイル
地域発!地域初!

きた北海道エコ・モビリティ モニターツアー

を2週連続で実施します!

 

手つかずの美しい自然風景が残る日本最北端エリア「きた北海道」。
信号もなく、どこまでも真っすぐに続く美しく快適な「道」、北へ向かって流れる北海道遺産「天塩川」、氷河期に形成されたなだらかな曲線の連なりが美しい「宗谷丘陵」、日本海に浮かぶ利尻島(利尻岳)と礼文島、サハリン、そして、日本のてっぺん「宗谷岬」。地域が誇る魅力的な資源に触れながら、自転車やカヌー、トレッキングなどの自分の力で進むアクティビティと公共交通などを上手に組み合わせた、移動そのものが観光となる新しい旅のスタイル「きた北海道エコ・モビリティ」のツアーです。

1つ目は、レンタサイクル、カヌー、フットパスなどのこの地域の遊びが盛りだくさん。本格的な遊びを手ぶらで手軽に、ゆっくり進みながら、じっくり楽しんでいただけます。
2つ目は、自転車だけで約100kmを3日間走り続けて日本のてっぺんへ向かうロングライド。自分の自転車で走り抜ける快走感、日本のてっぺんまで約325kmを走る達成感。自転車好きにはたまらないルートです。
いずれのツアーも地域発の地域初のツアー企画。是非、ご参加ください。

 

  • 事業企画
    天塩川流域ミュージアムパークウェイ、宗谷シーニックバイウェイ、(一社)シーニックバイウェイ支援センター
  • 旅行企画
    (株)シィービーツアーズ

 

ツアー概要

【第1弾原始的でダイナミックな自然に触れ、とことん遊びながら進む!
 きた北海道Slowモビリティ~2泊3日モニターツアー

  • 【出発日・集合場所】2016年10月1日(土)  JR宗谷本線「剣淵駅」9:15集合
  • 【募集人数】10名 (最少催行人員2名)
  • 【旅行代金(お一人様)】20,000円(1室2名利用)*1名1室はお受けできません。
  • 【宿泊】
    1泊目:なよろ温泉サンピラー (洋室/トイレ付/お風呂は大浴場をご利用ください)
    2泊目:天塩川温泉 (和室/バス・トイレ付)
  • 【お申込み締切】2016年9月20日(火)まで
きた北海道Slowモビリティ~2泊3日モニターツアー

 

【第2弾日本のてっぺんまで自分の愛車(myチャリ)で走りきる!
 きた北海道Longライド~3泊4日モニターツアー

  • 【出発日・集合場所】2016年10月8日(土) 旭川空港到着ロビー前9:40集合
  • 【募集人数】10名(最少催行人員2名)
  • 【旅行代金】お一人様 15,000円 (1室2名利用) *1名1室はお受けできません。
  • 【宿泊】
    1泊目:なよろ温泉サンピラー (洋室/トイレ付/お風呂は大浴場をご利用ください)
    2泊目:ポンピラ・アクア・リズイング (和室/バス・トイレ付)
    3泊目:稚内サンホテル (和室/バス・トイレ付)
  • 【お申込み締切】2016年9月27日(火)まで
きた北海道Longライド~3泊4日モニターツアー

 

※各ツアーの詳細(行程)については、「きた北海道エコ・モビリティ」のfacebookページ、または、添付のモニターツアー募集チラシをご参照ください。

 

【共通】
ツアー参加のお申込み・お問合せ先:(株)シィービーツアーズ (電話:011-221-0912/FAX:011-221-0117)
*お申込み時に、①ツアー名、②お名前、年齢、住所、連絡先電話番号、2名以上でお申し込みの場合は、代表者と参加者全員分、をお伝えください。

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトカプチ雄大空間 活動報告トピックスプレスリリース函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告十勝平野・山麓ルート 活動報告南十勝夢街道 活動報告大雪・富良野ルート 活動報告天塩川シーニックウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告層雲峡オホーツクシーニックバイウェイ(候補) 活動報告支笏洞爺ニセコルート 活動報告札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート 活動報告東オホーツクシーニックバイウェイ 活動報告萌える天北オロロンルート 活動報告釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ 活動報告

2016/05/19

Welcome! シーニックバイウェイ北海道@チ・カ・ホ 2016春 「もてなす」誇り。「はぐくむ」誇り。

chikaho2016

2016年5月16日(月)~5月20日(金)まで、札幌駅前通 地下歩行空間(チ・カ・ホ) 【北1条イベントスペース】にて、シーニックバイウェイ北海道全14ルートの「美しい道」と「活動」をタペストリーで紹介しています。

また、5月21日(土)・22日(日)の2日間は、北3条交差点広場(西側)に会場を移動し、シーニック“顔はめパネル” が新登場します!!顔はめ写真をSNSでアップして、コーヒーをもらったり、みんなでおりがみを折って大きな作品を作ったり、老若男女楽しいこと間違いなし!!

アンケート調査にご協力いただいた方には、各日250名にシーニックドライブマップまたはコーヒー1杯サービスします。お近くにお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りください!

 

  • 開催日時・場所:
    5月16日(月)~20日(金)10:00~17:00
    地下歩行空間 中央区北1条西3丁目付近(北1条イベントスペース)

    5月21日(土)・22日(日) 10:00~17:00
    地下歩行空間 中央区北3条西3丁目付近(北3条交差点広場 西側)

  • 詳細:
    『Welcome! シーニックバイウェイ北海道@チ・カ・ホ』チラシ
  • 主催:
    シーニックバイウェイ北海道推進協議会
  • 問い合わせ:
    一般社団法人 北海道開発技術センター TEL:011-738-3363
    ※5/21.22の問い合わせ TEL:080-1886-8560
シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックスプレスリリース大雪・富良野ルート 活動報告天塩川シーニックウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告支援センターの活動報告萌える天北オロロンルート 活動報告

2016/03/22

北海道味紀行「北海道新幹線開業記念編」2016年3/22スタート!

title2015

昨年度に続き、北海道とローソンの協働で「北海道味紀行」を開催します。シーニックバイウェイ支援センターでは、昨年に引き続き携帯サイトの作成を協力しております。

「北海道味紀行」では、北海道の地産食材を使った商品や地域限定の商品を発売するほか、観光・イベント情報の発信など、地域の活性化を応援いたします。毎回、北海道観光PRキャラクター「キュンちゃん」とご当地キャラクターがポスターに登場し、一緒に企画を盛り上げてまいります。

北海道新幹線開業記念編では、「五島軒監修のビーフ風カレー」や「道南産いか使用の海鮮塩ラーメンサラダ」など10商品を北海道のローソン店舗で発売いたします。

 



【販売期間】
2016年3月22(火)〜4月4日(月)

【メニュー】

  • 五島軒監修ビーフ風カレー(税込価格530円)
  • 五島軒監修カレーカツサンド(税込価格360円)
  • からあげクンWにんにくバター醤油味(税込価格216円)
  • 道南産いか使用 いかめしおこわ(税込価格145円)
  • 道南産いか使用 海鮮塩ラーメンサラダ(税込価格360円)
  • 福島の有名店「坂内食堂監修喜多方ラーメン」(税込価格 498円)
  • 「函館麺や一文字 塩ラーメン」」(税込価格 298円)
  • 「鉄道愛パン」(税込価格 160円)
  • 「鉄道愛ロールケーキ」(税込価格 200円)
  • 「超特急スパークリングアップル」(税込価格 145円)

【携帯サイトURL】
パソコンでもご覧いただけます。
http://www.scenicbyway.jp/lunchbox/
携帯サイトでは「北海道うまいもの巡り」の各メニュー紹介のほか、関係の市町村・シーニックバイウェイ北海道ルートのイベント情報、地域キャラクター紹介をご覧いただけます。

【関係サイトURL】
ローソン ニュースリリース
北海道 報道資料(PDF)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせトピックスプレスリリース天塩川シーニックウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告

2015/11/24

道北観光の可能性を探る「北海道モビリティ」勉強会 〜自然・ヒト・地域に触れる新しい旅を目指して〜

20151204hokkaido_mobility

道北地域では、カヌーやシーカヤックなどの自然環境を活かしたアクティビティの充実とともに、サイクリングロードやフットパスなども整備されています。「宗谷シーニックバイウェイ」と「天塩川流域ミュージアムパークウェイ」では、新たなツーリズムの形として、自転車やカヌー、フットパスなど人力による移動と公共交通を組みあわせ、両地域の特性を活かした「道北版スイス・モビリティ」を推進し、連携しながら取組みを進めています。本勉強会では、地域と連携しながら、地域資源を活かしたアクティビティを組み合わせた先駆的な取り組みをされている有識者をお招きし、これからの道北観光の可能性を探る『北海道モビリティ』について勉強会を開催いたします。

 

【日時】平成27年12月4日(金) 15:30〜17:30

【場所】中川町生涯学習センター「ちゃいむ」

【主なプログラム】

《話題提供》
・天塩川流域ミュージアムパークウェイの概要と取組み
・道北版モデルコース試走結果の報告
・先進地視察「しまなみ海道」報告

《講演》
「mont・bell×地域による地域活性化の取組み」(仮)
(株式会社モンベル本社 広報部長 佐藤 和志 氏)

【主催】中川町観光協会

【共催】
天塩川流域ミュージアムパークウェイ
宗谷シーニックバイウェイ
(一社)シーニックバイウェイ支援センター
(一社)北海道開発技術センター

【後援】中川町、北海道開発局旭川開発建設部、上川総合振興局

【定員】50名(参加費無料)
★詳しくは「北海道モビリティ勉強会」開催案内チラシ(PDF)をご覧ください。
「北海道モビリティ勉強会」開催案内チラシ

【お問合せ・お申込み】
お氏名、所属先、連絡先(電話番号)を明記し、FAXまたはEメールにてお申込みください。
○中川町観光協会 事務局(菊田・日置)○
申し込み〆切:2015年11月30日(月)
FAX:01656-7-2177
E-mail:nakagawa_kanko@yahoo.co.jp

ページの先頭へ戻る