シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

12
トピックスプレスリリース支援センターの活動報告

2013/02/27

完売しました!『Music Byway for Scenic Byway Hokkaido in Old Saloon 1934 』

MusicByway

Music Byway for Scenic Byway Hokkaido in Old Saloon 1934  ~音の寄道・北海道の風景~

 

完売いたしました。
席数のこり20名分を切りました、お申し込みはお早めにお願いします!

「ミュージックバイウェイ」は、音楽・お酒・食を通して、北海道の美しい風景と道、地域のさまざまな魅力をみなさまへお届けします。お誘い合わせの上、ぜひお申し込みください。

 

  • 日時:2013年3月10日(日) 受付:17:00~ / ディナー:17:30~ / 公演:18:30~19:30
  • 会場:札幌グランドホテル別館1階「ラウンジ・バーオールドサルーン1934」
    (札幌市中央区北1条西4丁目)
  • 料金:お一人様5,000円
    (ミュージックフィー、ワンプレートディッシュ&フリードリンク、税・サ込)
  • 出演:橋本幸(G.Vo)、玉川健一郎(Vo)、南山雅樹(P)、岸本佳久(Bs)
  • 演奏内容:シーニックバイウェイ北海道のテーマ「街道唱歌」、誰にでも馴染みのある「道」に関わる曲、ご当地ソング等を予定
  • 対象:20歳以上
  • お申し込み:2月18日(月)~3月1日(金)17:00 (但し、完売次第終了)
  • お申し込み方法:MusicByway参加ご希望の方は、下記事務局までお電話にてお申し込みください。受付番号・お支払い方法をお知らせいたします。
  • キャンセルについて:3月1日(金)17:00以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料として全額ご負担いただきます。ご了承ください。
  • お申し込み・お問い合わせ:
    Music Byway実行委員会事務局 シーニックバイウェイ支援センター
    TEL:011-204-7107(平日9:00~17:00)

Music Byway for Scenic Byway Hokkaido in Old Saloon 1934  ~音の寄道・北海道の風景~参加アーティスト
橋本幸:国土交通省に勤務する傍ら、NPO法人コンカリーニョの理事として劇場運営を通じた文化活動、また、ミュージシャンとして音楽制作を通じたまちづくり活動に関わる。新春恒例の自身のライブは毎回300名Sold Outとなる人気行事。2007年、シーニックバイウェイのテーマ「街道唱歌」を制作しており、今回はMusicByway企画の趣旨に賛同し、ボランティア参加。

 

【主催】Music Byway実行委員会(札幌グランドホテル、シーニックバイウェイ支援センター)
【特別協賛】
株式会社トヨタレンタリース札幌
【後援】シーニックバイウェイ北海道推進協議会
【特別協力】さほろ酒造株式会社(株)八剣山さっぽろ地ワイン研究所地域連携研究グループ「SAN(South Area Network)」(東海大学)

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告トカプチ雄大空間 活動報告トピックス函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告十勝平野・山麓ルート 活動報告南十勝夢街道 活動報告大雪・富良野ルート 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告支援センターの活動報告支笏洞爺ニセコルート 活動報告札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート 活動報告東オホーツクシーニックバイウェイ 活動報告萌える天北オロロンルート 活動報告釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ 活動報告

2013/02/25

「まっぷる北海道 ’14」にシーニックバイウェイ北海道12ルートが紹介されています!

mapplehokkaido2014

昭文社より発売中の「まっぷる北海道 ’14」に、シーニックバイウェイ北海道の12ルートが紹介されております。昨年に引き続き情報提供の協力をいたしました。
今年のドライブに向けてぜひいかがですか?

『絶景・グルメ・お土産・・・北海道の旬情報が満載で、たよりになるこの一冊があれば、北海道旅行は何倍も楽しくなります!今年は付録に、選んで楽しいもらって嬉しい『おみやげBOOK』が登場!もちろん、例年好評の『旭山動物園BOOK』、北海道を詳細網羅した『ロードMAP』、全“道の駅”を紹介した『北海道全図』の4大付録も付いてます。』

(「まっぷる北海道 ’14」Webサイトより)
税抜価格:838円

参考:株式会社 昭文社Webサイト

トピックス函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告

2013/02/20

講演会のご案内:新幹線がつくる新しい「北の縄文交流」の時代

kitanojyoumon20130319

『新幹線がつくる新しい「北の縄文交流」の時代』講演会が開催されます。みなさまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

  • 日時:2013年3月19日(火)開場13:00、講演13:30~16:00
  • 場所:函館市中央図書館視聴覚ホール
    函館市五稜郭町26-1
    Tel:0138-35-6800
  • 主催:一般社団法人北海道開発技術センター
    函館商工会議所
    シーニックバイウェイ北海道 函館・大沼・噴火湾ルート運営代表者会議
  • 後援:国土交通省北海道開発局函館開発建設部
    国土交通省北海道運輸局函館運輸支局
    北海道渡島総合振興局
    函館市
    JR北海道函館支社  (予定)
  • 定員:100名(入場無料) ※定員になり次第締切させていただきます

■プログラム

13:00: 開場・受付
13:30: ○開会 本多 満(一般社団法人北海道開発技術センター理事長)
13:35: ○トークセッションテーマ:新幹線がつくる新しい「北の縄文交流」の時代~青函地域における縄文交流を時間軸の中で振り返り、新幹線時代の縄文交流を考える~コーディネータ
佐藤 馨一氏(北海道商科大学商学部観光産業学科教授)
第一部 青函交流の歴史(縄文~現代まで)
パネリスト:
阿部 千春氏(函館市縄文文化交流センター館長)
石山 晃子氏(みちのく北方漁船博物館 学芸員)
14:05: 討論
14:15: 第二部 新幹線時代の青函交流
パネリスト:
岸 邦宏氏(北海道大学大学院工学研究院准教授)
折谷 泉氏(函館商工会議所青函圏委員会副委員長)
14:55: 休憩(10分)
15:05: 第三部 縄文交流を「学び観光」の資源として
パネリスト:
坪井 睦美氏(シーニックバイウェイ北海道 函館大沼噴火湾ルート運営代表者会議 幹事、NPO法人函館市函館市埋蔵文化財事業団 事業課長)
甚野 正人氏(北海道旅客鉄道株式会社鉄道事業本部営業部 課長)
15:35: 第四部 総合討論
~新幹線を活用して、縄文交流を地域づくりや交流人口の拡大につなげるための具体的な処方箋について討論~
16:00: ○閉会

 

チラシPDF:新幹線がつくる新しい「北の縄文交流」の時代

 

【問い合わせ・申し込み方法】
一般社団法人 北海道開発技術センター 函館サテライト/担当:佐藤 好子
e-mail:y-satou@decnet.or.jp
Tel:0138-54-3619
Fax:0138-54-3617

※所属・部署(個人の場合は不要)、連絡先(電話番号)、氏名を明記し、e-mail、電話、Fax(PDF裏面)のいずれかで、お申し込みください。
※ご提供いただいた情報は、本イベントの開催の目的以外に一切使用しません。

トピックスプレスリリース支援センターの活動報告

2013/02/19

『Music Byway for Scenic Byway Hokkaido in Old Saloon 1934 』申し込み受付開始しました!

MusicByway

Music Byway for Scenic Byway Hokkaido in Old Saloon 1934  ~音の寄道・北海道の風景~

 

 

「ミュージックバイウェイ」は、音楽・お酒・食を通して、北海道の美しい風景と道、地域のさまざまな魅力をみなさまへお届けします。お誘い合わせの上、ぜひお申し込みください。

 

  • 日時:2013年3月10日(日) 受付:17:00~ / ディナー:17:30~ / 公演:18:30~19:30
  • 会場:札幌グランドホテル別館1階「ラウンジ・バーオールドサルーン1934」
    (札幌市中央区北1条西4丁目)
  • 料金:お一人様5,000円
    (ミュージックフィー、ワンプレートディッシュ&フリードリンク、税・サ込)
  • 出演:橋本幸(G.Vo)、玉川健一郎(Vo)、南山雅樹(P)、岸本佳久(Bs)
  • 演奏内容:シーニックバイウェイ北海道のテーマ「街道唱歌」、誰にでも馴染みのある「道」に関わる曲、ご当地ソング等を予定
  • 対象:20歳以上
  • お申し込み:2月18日(月)~3月1日(金)17:00 (但し、完売次第終了)
  • お申し込み方法:MusicByway参加ご希望の方は、下記事務局までお電話にてお申し込みください。受付番号・お支払い方法をお知らせいたします。
  • キャンセルについて:3月1日(金)17:00以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料として全額ご負担いただきます。ご了承ください。
  • お申し込み・お問い合わせ:
    Music Byway実行委員会事務局 シーニックバイウェイ支援センター
    TEL:011-204-7107(平日9:00~17:00)

Music Byway for Scenic Byway Hokkaido in Old Saloon 1934  ~音の寄道・北海道の風景~参加アーティスト
橋本幸:国土交通省に勤務する傍ら、NPO法人コンカリーニョの理事として劇場運営を通じた文化活動、また、ミュージシャンとして音楽制作を通じたまちづくり活動に関わる。新春恒例の自身のライブは毎回300名Sold Outとなる人気行事。2007年、シーニックバイウェイのテーマ「街道唱歌」を制作しており、今回はMusicByway企画の趣旨に賛同し、ボランティア参加。

 

【主催】Music Byway実行委員会(札幌グランドホテル、シーニックバイウェイ支援センター)
【特別協賛】
株式会社トヨタレンタリース札幌
【後援】シーニックバイウェイ北海道推進協議会
【特別協力】さほろ酒造株式会社

トピックスプレスリリース支援センターの活動報告釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ 活動報告

2013/02/19

北海道 × シーニックバイウェイ北海道 ×ローソン 協働企画『北海道グルメフェア』

lawson_gourmet2013_05

『北海道グルメフェア』〜釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ編~

2013年2月19日(火)から3月4日(月)までの2週間、「北海道グルメフェア 〜釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ~」が北海道内のローソン店舗(577店舗:2013年1月末現在)で開催されます。「北海道グルメフェア」は北海道とローソンとの協働企画で、2010年の11月から1年間渡り全道各地の地域と連携し開催してきました。好評につき本年度も開催することとなりました。

今回は、「釧路全日空ホテル」の楡金(にれがね)久幸総料理長監修の、道産牛を使用したお弁当と
おにぎり、北海道近海で漁獲され、釧路市内で加工された良質な明太子を使用したパスタ、生乳生産
量日本一を誇る別海町の牛乳とコーヒー牛乳の5 商品となります 続きを読む

12

ページの先頭へ戻る