シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

12
トピックスプレスリリース

2014/02/28

「農家のかあさん手料理パーティー」のご案内

noukanokasan

シーニックバイウェイ支援センターでは、北海道グリーンツーリズムステップアップ研究会(HGS研究会)に事務局として参加しております。
今回、研究会メンバーの千歳市グリーン・ツーリズム連絡協議会主催による「農家のかあさん手料理パーティー」が開催されますのでご案内いたします。

「千産千消」の総集編として農家のお母さん達が自分たちのの野菜を使って手作りした自慢の料理が大集合します。千歳の豊かな大地から採れた農産物の味わい深さをお楽しみ下さい。


農家のかあさん手料理パーティー

~農の体験&グルメを楽しむシリーズプランの総集編~


【日 時】 平成26年3月7日(金) 18:00~

【場 所】 駒そば亭(千歳市柏台南1丁目5-2)「千歳アウトレットモールレラのすぐそば」

【参加費】 飲み食べ放題 4,500円(おみやげ付き)

【定 員】 50名(先着順)

【送 迎】 JR千歳駅からの無料送迎バスを運行します(17:30発)

【問合せ】 011-252-2114(北海道宝島トラベル)

【申込・詳細】 下記チラシPDFをご参照下さい。

 農家のかあさん手料理パーティーチラシ

トピックスプレスリリース支援センターの活動報告釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ 活動報告

2014/02/24

北海道うまいもの巡り 第7弾「釧路・根室地域編」2/25スタート!

7th_umaimono

昨年度、北海道×ローソン×シーニックで実施しました『北海道グルメフェア』に続き、今年は北海道とローソンの協働で「北海道うまいもの巡り」を開催します。シーニックバイウェイ支援センターでは、昨年に引き続き携帯サイトの作成を協力しています。

「北海道うまいもの巡り」では、北海道の地産食材を使った商品や地域限定の商品を発売するほか、観光・イベント情報の発信など、地域の活性化を応援いたします。“釧路・根室地域編”では、北海道観光PRキャラクター「キュンちゃん」とご当地キャラクターまりむちゃん(阿寒湖町)、りょウシくん(別海町)がポスターに登場し、一緒に企画を盛り上げてまいります。

第7弾“釧路・根室地域編”では、釧路のご当地メニューを再現した弁当やパスタ、惣菜、釧路町産豚肉を使用したおにぎりなど11品を北海道のローソン店舗(596店:2014年1月末現在)で発売いたします。

【販売期間】
2014年2月25日(火)〜3月10日(月)

【メニュー】

  • 「“辛口”ソースザンギ丼」(498円)
  • 「直巻釧路町産ポークの焼肉おにぎり」(135円)
  • 「とんかつミートスパ」(498円)
  • 「ザンギたれ和え」(398円)
  • 「クリームたっぷりオムレ べつかい牛乳屋さん ミルククリーム」(120円)
  • 「クリームたっぷりオムレ べつかい牛乳屋さん チョコクリーム」(120円)、
  • 「べつかいのコーヒー屋さん アイスクリーム」(270円)
  • 「べつかいの牛乳屋さん」(126円)
  • 「べつかいのコーヒー屋さん」(126円)
  • 「長谷製菓 大鵬せんべい 1個」(105円)
  • 「標津羊羹本舗 標津羊羹 ひとくちサイズ 1個」(158円)

※価格は全て税込

【携帯サイトURL】
パソコンでもご覧いただけます。
http://www.scenicbyway.jp/lunchbox/
携帯サイトでは「北海道うまいもの巡り」の各メニュー紹介のほか、関係の市町村・シーニックバイウェイ北海道ルートのイベント情報、地域キャラクター紹介をご覧いただけます。

【関係サイト】
北海道 報道発表資料ページ
■ローソン ニュースリリース

トピックス函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告

2014/02/18

「環太平洋の文明拠点:津軽海峡圏の縄文文化」函館シンポジウム

20140301_hakodate_symposium

函館・大沼・噴火湾ルートの活動団体である、NPO法人函館市埋蔵文化財事業団では、2014年3月1日に「環太平洋の文明拠点:津軽海峡圏の縄文文化」函館シンポジウムを開催いたします。みなさまぜひご参加ください。


函館シンポジウム
「環太平洋の文明拠点:津軽海峡圏の縄文文化」

◆基調講演

「年縞が解明する縄文の人類史的意味とその開始をめぐって」
安田 喜憲氏(東北大学大学院教授/立命館大学環太平洋文明研究センター長)

 

◆パネルディスカッション

「津軽海峡圏に展開した縄文文化とその活用:世界遺産登録に向けて」


パネリスト 石森 秀三氏(北海道開拓記念館館長)
高木 雄次氏(笹川平和財団理事長)
坪井 睦美氏(NPO法人函館市埋蔵文化財事業団事業課長)
矢野 健一氏(立命館大学文学部教授)

コーディネーター
    阿部 千春氏(函館市縄文文化交流センター館長)

 

  • 日時
    2014年3月1日(土) 13:00~16:00
  • 会場
    函館北洋ビル8Fホール(函館市若松町15-7)
  • 定員
    200名(無料)
    ※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。
  • 申込み
    電話、FAX、メールのいずれかにて下記事務局までお申し込みください。
  • 事務局
    NPO法人函館市埋蔵文化財事業団
    電話:0138-25-5510 FAX:0138-25-5606
    Email:maibun@npo-hako-maibun.jp
シンポジウム「環太平洋の文明拠点:津軽海峡圏の縄文文化」チラシ

また、翌日2日(日)10時から16時半に、函館市縄文文化交流センターにて、津軽海峡圏の縄文文化について気候や海洋など様々な分野の研究発表が行われますので、そちらも合わせてお申し込みいただければと思います。

トピックスプレスリリース層雲峡オホーツクシーニックバイウェイ(候補) 活動報告東オホーツクシーニックバイウェイ 活動報告

2014/02/17

~網走市で「ひがし北海道観光振興シンポジウム」を開催~

20140301symposium

北海道開発局釧路開発建設部、帯広開発建設部及び網走開発建設部は、「ひがし北海道観光振興シンポジウム ~道東3圏域の連携強化による発展を目指して~」を開催します。

このシンポジウムは、近年の観光を取り巻く様々な状況を踏まえた上で、今後の道東3圏域(釧路・根室、十勝、オホーツク)の観光振興に向けた連携方策、そのための課題と戦略を検討することを目的に、北海道大学公共政策大学院の小磯修二特任教授に「道東の観光戦略を考える」と題した基調講演をいただくほか、道東3圏域において観光振興に携わっておられる産官民の代表的な方々をお招きし、「道東観光の発展に向けた広域連携」をテーマにパネルディスカッションを行います。

このシンポジウムを通じて、道東3圏域の連携による今後の観光振興の方向性や戦略について考えます。

シーニックバイウェイ支援センター、東オホーツクシーニックバイウェイ連携会議事務局、層雲峡・オホーツクシーニックバイウェイ事務局が後援に入っております。

詳細についてはチラシPDFをご覧ください。


  1. 開催日時: 平成26年3月1日(土)13:30 ~ 16:30
  2. 開催場所: オホーツク・文化交流センター 2階 大会議室(網走市北2条西3丁目3番地)
  3. 定  員: 120名(参加無料)
  4. 申込締切: 平成26年2月26日(水)
  5. 内  容:
    基調講演
     「道東の観光戦略を考える」
    小磯 修二(北海道大学公共政策大学院 特任教授)
    パネルディスカッション
     「道東観光の発展に向けた広域連携」
    パネラー
    野村 文吾(十勝バス株式会社 代表取締役社長)
    小林 恵美子(NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構 副理事長))
    水谷 洋一(網走市長)
    コーディネーター
    小磯 修二(北海道大学公共政策大学院 特任教授)
  6. 申し込み・問い合わせ
    チラシPDFをご覧下さい。
    「ひがし北海道観光振興シ ンポジウム」チラシPDF
どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告トカプチ雄大空間 活動報告トピックスプレスリリース函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告十勝平野・山麓ルート 活動報告南十勝夢街道 活動報告大雪・富良野ルート 活動報告天塩川シーニックウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告層雲峡オホーツクシーニックバイウェイ(候補) 活動報告支笏洞爺ニセコルート 活動報告札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート 活動報告東オホーツクシーニックバイウェイ 活動報告萌える天北オロロンルート 活動報告釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ 活動報告

2014/02/06

「Welcome シーニックバイウェイ北海道 in 札幌モーターショー2014」開催のお知らせ

bn-sms2014-w210

一昨年、12万5千人が来場した「札幌モーターショー」が今年も札幌ドームで開催されます。

この札幌モーターショーで、北海道のドライブ観光の推進・周知を目的として「Welcome シーニックバイウェイ北海道 in 札幌モーターショー2014」を開催します!

「Welcome シーニックバイウェイ北海道 in 札幌モーターショー2014」の会場内では、シーニックバイウェイ北海道 全14ルートの大型景観写真パネル展、パンフレット展示、ペダルカー体験、お絵かき体験、ご当地キャラクターの登場など、大人から子どもまで楽しめるイベントとなっています。本イベント(西棟会議室C室)のみ参加される場合は無料です。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

※「札幌モーターショー2014」には入場料が必要です。
 当日 一般 1,200円 中・高校生 700円
 前売 一般 1,000円 中・高校生 500円
 ※小学生以下無料。小学生以下の入場は保護者同伴が条件
 ※20人以上の団体は前売料金を適用します(札幌ドーム窓口のみの販売)。
 チケット取扱先などはこちらをご覧ください。
 http://www.sapporomotorshow.jp/ticket/

 

  • 開催日時
    2014年2 月15 日(土)9:00~18:00 2月16 日(日)9:00~17:00
    (札幌モーターショー2014は2月14・15・16日開催です)
  • 会  場:札幌ドーム 西棟会議室C 室(両日) 札幌市豊平区羊ケ丘1番地
  • 主  催:シーニックバイウェイ推進協議会
  • 札幌モーターショー公式Webサイト:http://sapporomotorshow.jp/
12

ページの先頭へ戻る