シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

12
トピックスプレスリリース函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告

2016/10/20

「はこだて花かいどう」元気いっぱいきれいな姿を見せてくれた花の撤去を行います!参加者募集!

20161030hanakaidou01

「はこだて花かいどう」は、函館新道(国道5号)の開通をきっかけとして平成16年度から始まった花の植栽活動です。
「函館新道」は札幌方面から函館を訪れる際の玄関口となるため、道路を利用する観光客や地域住民のみなさまに気持ち良く走ってもらおうと、おもてなしの気持ちを込めて実施しています。
今年6月11日(土)、町内会や小・中・高校、スポーツ少年団、行政などの沿線住民の方々約900人が参加して、マリーゴールドなど約8,500株の花植えが行われました。7月から9月にかけて月1回の全体活動日には、雑草取りや水やりを行うなど日頃から「はこだて花かいどう」の維持活動を行ってきました。元気いっぱい、きれいな花を咲かせてくれていましたが、いよいよ花の撤去活動の時期が近づいてきました。
下記の日程で撤去作業を行います。ぜひ皆さまもご参加ください。
なお、撤去した花や雑草は、例年通り、ミミズの力を借りた堆肥づくりの材料になります。堆肥づくり場所への投入にもご協力ください。

 

  • 日時:2016平成28年10月30日(日) 8:30~(2時間程度)
  • 実施場所:国道5号沿 函館市石川町及び桔梗町
  • 集合場所:函館開発建設部 除雪ステーション集合
  • 実施団体:函館花いっぱい道づくりの会
  • 実施内容:花、マルチシート撤去
    ※撤去した花は堆肥づくりの場所へ投入
  • 申込み先:0138-45-7576(函館花いっぱい道づくりの会事務局)
    ※団体名、氏名等をお知らせください。
    ※申込〆切は10月25日(火)までとなっています。

トピックスプレスリリース

2016/10/14

お知らせ〜北海道開発局より〜 国道38号(清見橋・小林橋) 通行止解除について(2016.10.14時点)

20161014tokachi

台風10号による落橋等で通行止となっていた国道38号(清見橋・小林橋)については、10月14日(金)9:00に通行止が解除となりました。
これにより、国道38号及び国道274号の代替路として並行する道東自動車道における代替路(無料)措置区間が変更になります。

お間違えの無いようご注意ください。

▼代替路(無料措置区間)
変更前:占冠IC〜音更帯広IC間
変更後:占冠IC〜十勝清水IC間

 

また、通行止め解除に伴い、然別湖畔温泉・ぬかびら源泉郷・十勝川温泉・トムラウシ温泉へのアクセス情報が変更となっています。
これから紅葉シーズンを迎える十勝へぜひお出かけください。

(情報提供:北海道開発局、十勝シーニックバイウェイ)

国道38号(清見橋・小林橋)通行止解除予定及び これに伴う道東自動車道における代替路(無料)措置区間の変更について

然別湖畔温泉・ぬかびら源泉郷・ 十勝川温泉・トムラウシ温泉へのアクセスは可能です

 

※ 最新の道路通行止め情報等は、下記のサイトでご確認ください。
北海道地区 道路情報ホームページ
http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/RoadInfo/index.htm

トピックスプレスリリース

2016/10/13

シーニックバイウェイ北海道の各地の活動や魅力を発信!

シーニックバイウェイ北海道推進協議会では、本格的な秋の観光シーズンに向け、10/14(金)〜10/21(金)の8日間、札幌駅前地下歩行空間にて、全道各ルートの情報発信やパンフレット等の配布、各ルート内のオススメの道を紹介するタペストリー展示を行います。

秋の魅力あふれる取組や美しい「みち」の景色をご紹介していますので、お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください!

  • 期間:2016年10月14日(金)〜10月21日(金)
  • 場所:札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)北1条イベントスペース
  • 概要:シーニックバイウェイ北海道の各地域の情報発信やパンフレット等の配布、各ルート内のおすすめの「みち」を紹介するタペストリー展

 

シーニックバイウェイ北北海道PR活動実施概要

平成28年度北海道開発局(本局)報道発表資料一覧
http://www.hkd.mlit.go.jp/topics/press/press16.html

シーニックバイウェイ北海道推進協議会
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_doro/sbh/

 

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告トピックスプレスリリース

2016/10/13

咸臨丸の眠るサラキ岬でチューリップの球根植え

20161029saraki

木古内町に入ってほどなく、国道228号に面するサラキ岬では、咸臨丸が沖で座礁したことから史実に基づく観光空間づくりをしてきました。咸臨丸生誕の地オランダの国花チューリップを毎年秋に植え、5月にチューリップフェアを開催しています。観光客、近隣の住民の憩いの場づくりを実施しています。

この取り組みは シーニックバイウェイ北海道「どうなん・追分シーニックバイウェイルート」の活動団体である「木古内町観光協会」と「咸臨丸とサラキ岬に夢みる会」が主体となって実施しています。

2003年から花壇の設置を初め2004年から毎年5月にチューリップフェアを開催。

今回は来年5月のサラキ岬チューリップフェア2017に向けて約80種5万球のチューリップの球根植えを行います。活動団体、地域奉仕事業者、学生たち等昨年は100名余りの参加者で球根植えを行いました。自分たちが植えたチューリップが5月にどんな風に咲くのか楽しみにしながら作業をします。国道からの休憩地として美しい景観環境整備を推進する活動をしています。

 

  1. 日  時 2016年10月29日(土) 9:00~ (雨天の場合は、翌日30日(日)開催)
  2. 実施場所 国道228号 サラキ岬(木古内町字亀川)
  3. 実施団体 木古内町観光協会・咸臨丸とサラキ岬に夢みる会
  4. 活動内容 花壇へのチューリップの球根植え 約80種 5万球

Webサイト:http://kikonai-kankou.net/ibento312.html 詳細:咸臨丸の眠るサラキ岬 チューリップ球根植えのご協力のお願い

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告トピックスプレスリリース

2016/10/13

第23回 殿様街道探訪ウォーク in 秋

20161023_23th_tonosama

今回第23回をむかえる「殿様街道探訪ウォーク」
道有林創設110周年のお祝いです。
ブナの森100年観察林観察会を同時開催します。
みなさまぜひご参加下さい。

【テーマ】
北海道の名付け親 松浦武四郎の道

【開催日時】
2016年10月23日(日)(小雨決行・大雨中止)

【内  容】

  1. 殿様街道ウォーク
  2. 松前神楽鑑賞(北海道無形民俗文化財)
  3. 千軒十割そばほか(昼食)(新蕎麦、挽きたて打ちたて)

【参加者】
高校生以上 先着50名まで (事前申込)

【参加料】
1人 3,000円(現地集合時集金)

【集合】
朝8:40までに 大千軒岳登山道国道入口より1.5km 広場(国道に誘導員がいます)
~14:00頃解散

【申込】
福島町産業課商工観光係 Tel:0139-47-3004

【〆切】
2016年10月21日(金)

【詳細】
第23回 殿様街道探訪ウォーク in 秋

12

ページの先頭へ戻る