トピックス

12
シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

2021/02/26

フォーラム開催報告・動画視聴案内〈歴史と文化から地域の未来を考える〉イザベラ・バードが辿った“みち”を活かして

2020年11月6日(金)に室蘭市市民会館にて「〈歴史と文化から地域の未来を考える〉イザベラ・バードが辿った“みち”を活かして」と題し、フォーラム及びパネル展を開催いたしました。

この企画は、民族共生象徴空間「ウポポイ」の開業を踏まえ、アイヌ文化ゆかりの地であり、また英国人旅行家で「日本奥地紀行」の著者イザベラ・バードが辿った地でもある胆振・日高地域の歴史や文化、景観などの様々な地域資源について理解を深めることにより、広域交流のより一層の促進及びシーニックバイウェイ北海道の取組や道の駅との連携を通じた地域づくりの活性化を図ることを目的として開催されました。
当日は新型コロナウイルス対策を徹底した上で開催をいたしました。室蘭市内外から一般、官公庁、民間企業等、多岐にわたる150名が参加し、バードの辿った“みち”を観光や地域活性化にどのように活用するかの方策を探りました。

このフォーラムの様子は「シーニックバイウェイ北海道YouTubeチャンネル」にて公開しています。ぜひご覧ください!

https://youtu.be/57sUu0nHzyw

 

▲第1部 基調講演(石田氏)

▲第1部 基調講演(石田氏)

 

▲第1部 基調講演(金子氏)

▲第1部 基調講演(金子氏)

 

▲第2部 地域の現状報告(今井氏)

▲第2部 地域の現状報告(今井氏)

 

▲第3部 トークセッション

▲第3部 トークセッション

 

▲パネル展の様子

▲パネル展の様子

 

★再掲:フォーラム開催のご案内(2020/10/22掲載)
http://www.scenicbyway.jp/topic/14204.html

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

2021/02/24

第15回のしろ市民まちづくりフォーラムのご案内

20210312noshiro

第15回のしろ市民まちづくりフォーラム(無料リモート配信)
-日本風景街道を通して私たちにできること-

◇日時:2021(令和)3年3月12日(金)15:00~17:00
Zoomウェビナーによるオンラインライブ配信

◇定員:70名

◇申し込み方法
下記のアドレス宛に必要事項をこ記入の上、お申し込み下さい。後日、参加用URLをメールにてお送りいたします。

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 所属
  3. お住まいの地域(市区町村名)
  4. 年代
  5. 電話番号
    申し込み締め切り:2021年3月10日(水)
    申し込み先メール:noshiro_forum@hansoku.co.jp

◇問い合わせ先
のしろ白神ネツトワーク事務局
【秋田県立大学木材高度加工研究所内】
〒016-0876 秋田県能代市海詠坂11-1
電話:01855-52-6900

◇概要
テーマ:
「木の香る道づくり」に取り組むのしろ白神ネットワークでは、「県内外の先進事例や専門家の知見を共に学び、民学官連携のまちづくりを進めるために出来ることを考える」を目的に、平成19年からのしろ市民まちづくりフォーラムを開催しています。
今回は、先進的な取り組みを進めている北海道の事例や関東、東北の3ルートの現状を学び、秋田・能代で風景街道を持続させ、活性化させていくにはどうしたらよいかを考えます。

webサイト:
http://www.thr.mlit.go.jp/noshiro/douro/nsnw/

フォーラム案内(PDF)
http://www.thr.mlit.go.jp/noshiro/douro/nsnw/temp/20210224.pdf

◇主催:のしろ白神ネットワーク
◇協賛:一般社団法人東北地域づくり協会
◇後援:秋田県山本地域振興局、秋田県立大学木材高度加工研究所、一般社団法人あきた白神ツーリズム、国土交通省東北地方整備局能代河川国道事務所、東北風景街道協議会、東北「道の駅」連絡会、NEXCO東日本秋田管理事務所、能代市、八峰町、藤里町、三種町

※ 詳細プログラムは、PDFリーフレットの2ページをご参照ください。
http://www.thr.mlit.go.jp/noshiro/douro/nsnw/temp/20210224.pdf

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

2021/02/22

【セミナーのご案内】連続オンラインセミナー vol.1「日本風景街道と道の駅の連携」

20210309community

NPO法人日本風景街道コミュニティより、これまで取り組んできた研究及び実践を踏まえ、今後の日本風景街道の発展や活性化に向け、連続オンラインセミナーが開催されます

第1回目となるセミナーのテーマは「日本風景街道と道の駅の連携」です。

【日時】2021(令和3)年3月9日(火)14:00~16:00

【内容】

  1. 開会
  2. NPO法人日本風景街道コミュニティの紹介と今回の趣旨説明
  3. 話題提供
    「道の駅の第3ステージと全国道の駅連絡会の取組」
    一般社団法人全国道の駅連絡会 業務執行理事(事務局長)阿部 悟 氏
  4. 休憩
  5. パネルディスカッション
    「日本風景街道と道の駅の連携の可能性」
    ファシリテータ:NPO法人日本風景街道コミニュティ 理事 山内 秀彦 氏
    パネリスト:一般社団法人全国道の駅連絡会 業務執行理事 阿部 悟 氏
    道の駅朝霧高原 支配人 志村 正信 氏
    NPO法人東北みち会議 理事長 鎧 啓記 氏
  6. その他
  7. 閉会

本セミナーは、ZOOMでの開催となり、事前登録制になります。
以下から事前登録をお願いします。なお登録後、いつでもキャンセル可能です。

 

【聴講申し込みURL】
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_54zwxhPzRuanJSLSxiTnHw

【問い合わせ】
NPO法人日本風景街道コミュニティ事務局
(一般社団法人北海道開発技術センター 調査研究部 担当:芝崎)
メール:shibazaki@decnet.or.jp

電話:011-738-3363
ファックス:011-738-1889

 

連続オンラインセミナー vol.1「日本風景街道と道の駅の連携」

2021/02/17

【オンランセミナーのご案内】北海道歴 史文化講演会「開拓の歴史が結ぶ静岡と北海道 十勝開拓を目指した晩成社」

20210217shizuoka

オンランセミナーのご案内 北海道歴 史文化講演会「開拓の歴史が結ぶ静岡と北海道 十勝開拓を目指した晩成社」
2021年2月23日(火・祝) 13:30~15:30 オンライン配信 (事前申し込み必要)

明治時代、静岡県から北海道開拓を志した人物がいました。現在の静岡県松崎町 出身の依田勉三です。

依田勉三は晩成社という開拓団体のリーダーになり、故郷の人々の協力を得ながら、まだ開拓者のほとんどいない十勝地方内陸で開墾を始めます。
歴史資料(古文書)を読み解いて、開拓時代の様子や、依田勉三のチャレンジと失敗、故郷との連絡、十勝のお菓子との意外な繋がりなどを紹介します。


【開催概要】

  • 日時:2021年2月23日(火・祝) 13:30~15:30 (13:00~接続可)
  • 会場:オンライン配信(事前申し込み必要)
  • 講演者:大和田 努氏 (文学博士、帯広百年記念館学芸員)
    【プロフィール】1985年北海道中川郡本別町生まれ、2015年北海道大学文学研究科博士後期課程修了、2012年帯広百年記念館学芸調査員として、奉職、現在に至る。
  • 主催:一般財団法人 川村文化振興財団
  • 共催:富士山静岡空港利用促進協議会、富士山静岡空港都市交流ネットワーク、御前崎スポーツ振興プロジェクト、NPO法人ほっかいどう学推進フォーラム、一般社団法人シーニックバイウェイ支援センター、合同会社ロコトロコ、合同会社互産互消機構(一社)
  • 後援:(予定)静岡県、御前崎市、北海道、帯広市、稚内市、稚内観光協会、一般社団法人北海道商工会議所連合会、公益財団法人北海道観光振興機構、NPO法人日本風景街道コミュニティ 他
  • お問い合わせ・お申し込み:
    静岡カントリー浜岡コース&ホテル 3Fカルチャーフロア(担当:小林:坂口)
    電話:0537-86-2025
    申し込み先メール:culture@scg.jp1所属、2氏名、3携帯番号、4メールを上記のメールまでお送りください。受付完了後、聴講URL等オンライン接続に必要な情報をお送り致します。

 

【オンランセミナーのご案内】北海道歴 史文化講演会「開拓の歴史が結ぶ静岡と北海道 十勝開拓を目指した晩成社」チラシ

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート 活動報告

2021/02/17

「みんなで育む美しい北の道展」が始まりました 

20210217kitanomichi01

国道230号沿いの豊滝除雪ステーションで、「みんなで育む美しい北の道展」が始まりました。
簾舞(みすまい)地区では2016年の「小金湯さくらの森」のオープンをきっかけに地元住民と道路管理者が一緒になって、板割沢(いたわりざわ)拡幅記念植樹区間の環境保全活動を開始し、協働で周辺道路の景観向上に取り組んでいます。
この度、豊滝除雪ステーションで、これまでの5年間の活動の歴史や様子を紹介するパネル展を開催することとなりました。
地元で取組む美しい道づくりをぜひ、ご覧ください。
みなさまのご来場をお待ちしております。

会期:2021(令和3)年2月29日(火)~春まで
会場:豊滝除雪ステーション(北海道札幌市南区豊滝)
内容:板割沢拡幅記念植樹区間環境保全活動パネル展

主催:国道230号協働型道路マネジメント検討会
参加団体:簾舞地区まちづくり連合会、札幌開発建設部

みんなで育む美しい北の道展リーフレット


※簾舞地区まちづくり連合会の「板割沢拡幅記念環境保全活動」は、シーニックバイウェイ北海道推進協議会において、ベスト・シーニックバイウェイズ・プロジェクト2019の『活動団体賞』を受賞しています。

12

アーカイブ

ページの先頭へ戻る