シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

トピックスプレスリリース支援センターグッズ・ルートグッズ

2021/11/29

Scenic Byway vol.28 冬春号 ’21-22

scenicbyway_vol28

北海道のよりみちドライブ情報誌Scenic Bywayファンのみなさん、お待たせしました!
2021年11月18日にvol.28 冬春号が発行されました。

特集は「「ドライブ & 創」」

北海道の凍てつく寒さを感じながらも、その景色の美しさに圧倒される“冬”のドライブ。
待ちわびた春の訪れ、植物も動物も生き生きと動き出すドラマチックな“春”のドライブ。

本号は、冬のはじまりから厳冬、春の訪れまでを楽しむ北海道の旅を“創”をテーマに紹介します。

新しい時代への一歩を、一人ひとりが創っていく。
見えてきた光のもとで新しい時代を共に創りあげているヒト・モノたち。

大好きな北海道を想い、それぞれの“創”を感じる旅を提案します。

北海道内の道の駅などで、順次配布していますので、ぜひ、手にお取り下さい。
アンケートDEプレゼントも盛りだくさんです。

第1弾:2022年1月11日(火)(必着)
第2弾:2022年6月30日(木)(必着)

 


【「Scenic Byway vol.28 冬春号 ’21-’22」に関する訂正とお詫びについて】  (2021.11/24)

Scenic Byway vol.28 夏秋号 ’21-’22」の26P及び27Pの 「萌える天北オロロンルート」の本文、お立ち寄り情報「SOUL KITCHEN」の住所表記に誤りがありました。

本文
【誤】小林正宏さん

【正】小松正宏さん

 

お立ち寄り情報

【誤】留萌市錦町2-3-5

【正】留萌市開運町2-3-5

 

訂正して深くお詫び申し上げます。

 


お問い合せは北海道開発技術センター(Tel:011-738-3363)までお願いいたします。


PDFはこちらです!
北海道のよりみちドライブ情報 Scenic Byway vol.28 冬春号 ’21-22
 

続きを読む

トピックス

2021/07/19

秀逸な道 ハッシュタグキャンペーンやってます!

syuitsu-na-michi2021

シーニックバイウェイ秀逸な道が、2021年4月から本格始動しました。
地域おススメの全道12区間の秀逸な道をぜひ訪れてみてください

ただいま、Instagramでハッシュタグキャンペーンも開催中です。
Instagramをご利用の方、ぜひ秀逸な道や秀逸な道周辺の寄り道スポットで撮影した写真に、“#秀逸な道、#シーニックバイウェイ北海道”をつけて投稿してください。

公式アカウントをフォローの上、#秀逸な道 をつけて投稿された写真は、秀逸な道ウェブサイトに表示されるほか、秀逸な道公式アカウント(@hokkaido_roads)でリポストさせていただく場合がございます。

秀逸な道の場所や、ハッシュタグキャンペーンの詳細については、秀逸な道ウェブサイトにてご確認ください。

 

シーニックバイウェイ秀逸な道ポスター

トピックスプレスリリース支援センターグッズ・ルートグッズ

2021/07/06

Scenic Byway vol.27 夏秋号 ’21

byway_vol27_s

北海道のよりみちドライブ情報誌Scenic Bywayファンのみなさん、お待たせしました!
2021年7月2日にvol.27 夏秋号が発行されました。

特集は「ドライブ & ジャンプ」

 

海からも山からも爽やかな風を感じて走る北海道の“夏”のドライブ。グッと気温が下がった日の後に、大地が一気に彩られる“秋”のドライブ。

 

本号は、夏のはじまりから秋の訪れまでの季節を楽しむ北海道の旅を“ジャンプ”をテーマに紹介します。

 

私たちは今こそ大きく“ジャンプ”したい!そんな願いを込めて。大好きな北海道を想い、それぞれの“ジャンプ”を感じる旅を提案します。

北海道内の道の駅などで、順次配布していますので、ぜひ、手にお取り下さい。

アンケートDEプレゼントも盛りだくさんです。

第1弾:2021年8月31日(火)(必着)
第2弾:2021年10月15日(金)(必着)


【「Scenic Byway vol.27 夏秋号 21」に関する訂正とお詫びについて】  (2021.7/6)

Scenic Byway vol.27 夏秋号 ’21」の30P 「東オホーツクシーニックバイウェイ」のお立ちより情報、「道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠❷」の料金表記に誤りがありました。

【誤】あげいも 300円


【正】あげいも 380円
訂正して深くお詫び申し上げます。


お問い合せは北海道開発技術センター(Tel:011-738-3363)までお願いいたします。


PDFはこちらです!
北海道のよりみちドライブ情報 Scenic Byway vol.27 夏秋号 ’21
 

続きを読む

トピックス南十勝夢街道 活動報告

2021/07/02

2021南十勝夢街道 フォトコンテスト写真募集中!

2021_minamitokachiphotocon01

今年で16年目を迎えた南十勝夢街道フォトコンテスト、今年の写真募集が始まりました!
南十勝のどの町村からも見られる日高山脈や田園風景のほか、澄んだ水の流れる清流に、海沿いや港町など、どこも人々の暮らしが息づく美しい景色が広がっています。どこを撮ってもフォトジェニックな南十勝で、ドライブをしながら気軽に写真を撮ってみませんか?ドライブの休憩には各地の海の幸や山の幸も一緒に楽しんでみてください!
写真をコンテストに応募して入選すると、地域の特産品や賞金がもらえるほか、応募してくれた方全員に、入選作品が掲載された来年度カレンダーがもれなくもらえます!
南十勝をのんびり楽しみながら、お気に入りの写真スポットを探してみてください。
応募の詳細はチラシでご確認ください。

 

【募集期間】2021年7月1日(木)~9月30日(水)必着
【撮影場所】南十勝地域内(中札内村、更別村、幕別町忠類、大樹町、広尾町)
【応募点数】1人5点まで応募可能
【作品サイズ】「四つ切」、「A4」とします。(ワイド四つ切・白黒写真 不可)
【募集テーマ】

  • 道のある風景(国道、道道、町村道、わき道等が描写されていること
  • 農村風景(農場、畑を含む風景)
  • 自然風景(花や野草を含む南十勝の景観)
  • 南十勝5町村の祭事、イベント、沿道のスナップ
  • 南十勝の再発見(歴史や史跡を含む隠れた自然の再発見)

【入賞】

  • グランプリ・・・1点(賞金3万円)
  • 準グランプリ・・・2点(賞金1万円)
  • SBW南十勝夢街道賞・・・1点(地域特産品)
  • 優秀賞・・・5点(地域特産品)
  • 地域賞・・・5点(地域特産品)
  • 入選・・・5点(地域特産品)
  • 佳作・・・10点(地域特産品)
  • 参加賞・・・2022年カレンダー

【問合せ先】幕別町商工会忠類支部フォトコンテスト係/電話:01558-8-2141

 

 

トピックス

2021/06/30

【お知らせ】撮ってもいいね!北海道動画コンテスト 7/1スタート!

シーニックバイウェイ北海道推進協議会事務局の国土交通省北海道開発局は、2021(令和)3年7月開局から70年を迎えます。

「北海道開発局70年」を記念して『撮ってもいいね!北海道動画コンテスト』が開催されます。
北海道野魅力や北海道を支えるインフラを、ぜひ皆様の目線で動画に撮ってご応募ください。

 

~北海道開発局70年~ 撮ってもいいね!北海道動画コンテスト

  • 作品テーマ   「北海道の魅力」やそれを支える「インフラのちから」 美しい自然や風景、歴史、文化、産業の営み、暮らしの一場面など、北海道の魅力や誇りが伝わる動画 それらを支える道路、河川、港、空港、農地などのインフラの果たす役割や魅力が伝わる動画 昔の北海道の暮らしぶりや地域づくりの苦労が伝わる過去の貴重な「なつかし映像」
  • 応募部門
    ①一般部門/大学生・短大生・専門学校生含む
    ②学生部門/小学生・中学生・高校生
    ③なつかし映像 部門
  • 応募資格
    ●性別、国籍、プロ/アマ、個人/グループ不問。小学生以上の国内在住者であればどなたでも応募可能です。
    ●小学生以下は保護者の方が代表者となり、応募してください。
    ●「学生部門」対象の学生は「一般部門」には応募できません。
  • 入 賞
    全部門から
    [最優秀賞]現金10万円/1名様
    一般部門

    [優秀賞]現金5万円/2名様・[佳作]現金2万円/3名様
    学生部門
     [優秀賞]QUOカード2万円/3名様・[佳作]QUOカード1万円/3名様
    審査員特別賞
     現金2万円/全部門から6名様
    なつかし映像部門
     [優秀賞]現金3万円/1名様

 

撮ってもいいね!北海道動画コンテスト: https://www.tottemo-hokkaido.jp
 コンテストのご紹介: https://tottemo-hokkaido.jp/

 

また、70年を記念して「北海道開発のあゆみ」の特設サイト が開設されています。 https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/ki/kouhou/70th.html
北海道開発局は戦後の組織ですが、それ以前の事業も含めた51のショートエピソードからなる「北海道開発のあゆみ」、戦後70年間に実施してきた事業を詳しく記載した「北海道開発局70年史」、上記「北海道開発のあゆみ」の電子書籍版で構成されています。こちらもぜひご覧ください。

アーカイブ

ページの先頭へ戻る