シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

トピックス支笏洞爺ニセコルート 活動報告

2021/02/02

こころにともす きぼうのあかり ~シーニックナイト2021~(支笏洞爺ニセコルート)

こころにともす きぼうのあかり ~シーニックナイト2021~ポスター画像

支笏洞爺ニセコルートをキャンドルの灯りでつなぐ冬の夜を楽しむイベントです。2006年の冬から始まったこの取組み、これまでは、人が集まる場所を中心に地域住民や観光客等、多くの方々の参加のもと実施し、たくさんの喜びや笑顔を共有してきました。

今年はルート内の6自治体(恵庭市、千歳市、ニセコ町、倶知安町、喜茂別町、赤井川村)に会場を限定し開催します。
なお、例年行っていた集客イベントは自粛し、各自がそれぞれの場所でともしたキャンドルの灯りを撮影した写真や動画をSNSに投稿し共有する取組みを展開します。

 

「みんなの想いをSNSで共有しよう!」
♯シーニックナイト2021
♯新北海道スタイル
♯こころにともすきぼうのあかり
※上記ハッシュタグをつけて、SNSに写真や動画を投稿してください。
(投稿期間は2月5日(金)から2月20日(土)を予定)
主催:シーニックナイト2021実行委員会

 

★ウェルカム北海道エリア★
【シーニックナイト2021 えにわシーニックナイト】
•2月6日(土) 17:00〜20:00 「道の駅花ロードえにわ」ほか
•2月13日(土)  17:00〜20:00 恵み野地区
【シーニックナイト2021 支笏湖雪あかりの散歩道 第43回 千歳・支笏湖氷濤まつりも開催!】
•2月20日(土) 日没よりキャンドル点灯 千歳市支笏湖温泉

★洞爺湖エリア★
※洞爺湖エリアでは、メイン会場を設けず、ご自宅や職場、道路沿道など、各自がそれぞれの場所でキャンドルを灯す形とします。

★ニセコ羊蹄エリア★
【シーニックナイト2021 in きもべつ】
•2月13日(土) 15:00~21:00頃 スノーキャンドルの制作及びキャンドル点灯
会場:郷の駅ホッときもべつ周辺特設会場及び町内各所

【Scenic Night 2021 in Niseko】
• 2月6日(土)〜14日(日) 17:00〜21:00 予定
※キャンドル点灯は、2月6日(土)、2月7日(日)、2月13日(土)、2月14日(日)
会場:ニセコ駅前温泉綺羅乃湯・ニセコ駅前
※2月14日(日) 花火打上げ(予定)

【シーニックナイト2021 in あかいがわ】
•2月13日(土) 17:00~キャンドル点灯/18:00 花火打上げ(予定)
会場:道の駅あかいがわ他

【シーニックナイト2021 in くっちゃん】
•2月20日(土)
会場:倶知安町内八幡ビューポイントパーキング、国道5号 峠下チェーン着脱場ほか町内各所

 

※すべての会場において、新型コロナウィルス感染予防の為、マスク着用をお願いします。ご家族の方で37.5℃以上の発熱や風邪の症状がないことを確認の上、ご参加ください。

※新型コロナウィルス感染症の拡大状況により、急遽中止となる場合がありますのでご了承ください。

 

こころにともす きぼうのあかり ~シーニックナイト2021~ポスター画像

トピックスプレスリリース

2020/12/16

年末年始のご挨拶・お休みのお知らせ

2020年は大変お世話になりました。
年末年始の休業期間について、以下お知らせ致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
 


休業期間:2020年12月26日(土曜日)~2021年1月4日(月曜日)


尚、上記期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、
年明け2021年1月5日(火曜日)より順次対応させていただきます。
2021年もどうぞよろしくお願いします。
(シーニックバイウェイ支援センター)

トピックスプレスリリース支援センターグッズ・ルートグッズ

2020/12/14

Scenic Byway vol.26 冬春号 ’20-’21

26Byway_P6-00_.indd

北海道のよりみちドライブ情報誌Scenic Bywayファンのみなさん、お待たせしました!
2020年12月7日にvol.26 冬春号が発行されました。

特集は「ドライブ &

北海道の厳しい冬。凍てつく寒さを感じながらも、その景色の美しさに圧倒される“冬”のドライブ。
そして、待ちわびた春の訪れ、植物も動物も生き生きと動き出すドラマチックな“春”のドライブ。
本号は、冬のはじまりから厳冬、そして春の訪れまでの季節を楽しむ北海道の旅を“輪”をテーマ に紹介します。

大好きな北海道を想い、それぞれの “輪” を感じる旅を提案します。
北海道内の道の駅などで、準備配布していますので、ぜひ、お手に取り下さい。

アンケートDEプレゼントも盛りだくさんです。

第1弾:2021年1月12日(火)(必着)
第2弾:2021年6月30日(水)(必着)


【「Scenic Byway vol.26 冬春号 ’20- ’21」に関する訂正とお詫びについて】 (2020.12/14)

Scenic Byway vol.26 冬春号 ’20-’21」の37P 「どうなん・追分シーニックバイウェイルート」の地図において、以下3か所誤りがありました。訂正して深くお詫び申し上げます。

 

  1. 「道の駅 なないろ・ななえ」:未掲載
  2. 「七飯藤代IC」:正しくは「七飯藤城IC」
  3. 「七飯本町IC」:「七」が半分消失。※正しい地図は下記の通りです。

【誤】

【訂正後】


お問い合せは北海道開発技術センター(Tel:011-738-3363)までお願いいたします。


PDFはこちらです!
北海道のよりみちドライブ情報 Scenic Byway vol.26 冬春号 ’20-’20

   続きを読む

トピックス南十勝夢街道 活動報告

2020/11/20

南十勝夢街道 2021年フォトコンテストカレンダー販売中!

2021minamitokadchi

十勝シーニックバイウェイ 南十勝夢街道フォトコンテスト入賞作品が掲載された2021年のカレンダーが、今年も販売中です!
南十勝の美しくのどかな風景を、四季折々、様々な角度から切り取った写真を眺めれば、どこか懐かしい記憶が思い起こされるかもしれません。まだ見たことのない南十勝の美しい風景を、是非、カレンダーの中から見つけてみてください!

【販売価格】
一部500円(税込) ※郵送の場合は別途送料

【販売場所】
◆中札内村商工会
河西郡中札内村大通南2丁目24番地 TEL:0155-67-2204

更別村商工会
河西郡更別村中央町 TEL:0155-52-2010

幕別町商工会忠類支所
中川郡幕別町忠類白銀町204番地 TEL:01558-8-2141

大樹町商工会
広尾郡大樹町西本通98番地 TEL:01558-6-2126

広尾町商工会
広尾郡広尾町本通5丁目1番地 TEL:01558-2-3101

道の駅 なかさつない
河西郡中札内村大通南7丁目 TEL:0155-67-2811

道の駅 さらべつ
河西郡更別村字弘和464番地1 TEL:0155-53-3663

道の駅 忠類
中川郡幕別町忠類白銀町384番地12 TEL:01558-8-3236

道の駅 コスモール大樹
広尾郡大樹町西本通98番地 TEL:01558-6-5220

広尾サンタランド
広尾郡広尾町字広尾689番地(大丸山森林公園ひろおサンタランド内)
TEL 01558-2-3293

◆フォトプラザ910
帯広市西3条南23丁目12番地1 TEL:0155-22-9100

◆シーニックバイウェイ支援センター
札幌市北区北11条西2丁目2-17 セントラル札幌北ビル4階
TEL:011-708-0429 FAX:011-708-0430
※2021年1月12日(火)まで販売

トピックス

2020/10/22

〈歴史と文化から地域の未来を考える〉イザベラ・バードが辿った“みち”を活かして フォーラム開催ご案内

20201106_isabellabird

フォーラム開催のご案内
〈歴史と文化から地域の未来を考える〉イザベラ・バードが辿った“みち”を活かして

2020年7月12日の民族共生象徴空間「ウポポイ」の開業を踏まえ、アイヌ文化ゆかりの地であり、英国人旅行家で「日本奥地紀行」の著者イザベラ・バードが辿った地でもある胆振・日高地域の歴史や文化、景観などの様々な地域資源について理解を深めること。さらには、広域交流のより一層の促進及びシーニックバイウェイ北海道の取組や道の駅との連携を通じた地域づくりの活性化を目的としてフォーラムを開催いたします。
ぜひ、ご参加ください。

  • 日 時
    2020年11月6日(金) 13:30~17:15
  • 場 所
    室蘭市民会館 大ホール(室蘭市輪西2-5-1)
  • 参加費
    無料
  • 定 員
    200名(定員になり次第締切)
  • 申込み・お問い合わせ先
    〈歴史と文化から地域の未来を考える〉
    イザベラ・バードが辿った“みち”を活かして実行委員会((一社)北海道開発技術センター内)
    TEL 011-738-3363 / FAX 011-738-1889
    専用申込E-mail:isabella@scenicbyway.jp

    担当 中村(幸治)・橋本

  • 募集締切
    202年10月30日(金)

 

■プログラム(予定)


【開 会】13:30~


【第1部】基調講演 13:40~14:50
①石田 東生 氏(筑波大学 名誉教授)
②金子 正美 氏(イザベラ・バードの道を辿る会 会長)
【第2部】地域の現状報告 14:50~15:20
①今井 太志 氏((公財)アイヌ民族文化財団 専務理事)
②渡辺 勝造 氏(新ひだか町商工会 事務局長)
【第3部】トークセッション 15:35~17:05
テーマ:イザベラ・バードが辿った“みち”を現代に活かす
キーワード:ほっかいどう学/バードの観光活用/ウポポイ/道の駅
○石田 東生 氏(筑波大学 名誉教授):コメンテーター
○原  文宏 氏((一社)シーニックバイウェイ支援センター):コーディネーター
○新保 元康 氏(NPO法人ほっかいどう学推進フォーラム 理事長)
○笹森 琴絵 氏(イザベラ・バードの道を辿る会 室蘭支部 会長)
○今井 太志 氏((公財)アイヌ民族文化財団 専務理事)
○山本 清二 氏(室蘭開発建設部 次長)
【閉 会】17:05~17:15

 

〈歴史と文化から地域の未来を考える〉イザベラ・バードが辿った“みち”を活かして フォーラムチラシ


■開催方法

感染拡大予防に留意した上での《現地開催》となります。
現地参加ができない方も、後日、録画したものをご覧いただけるようにする予定です。

ページの先頭へ戻る