シーニックバイウェイ北海道
 
     
PHOTO
桐木 茂雄
釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ ルート運営代表者会議 会長
釧路空港から中標津空港までの4本の国道(240号、241号、243号、272号)、道道中標津標茶線を軸とし、釧路湿原国立公園と阿寒国立公園など周辺の代表的な観光地を含んだルートとなっています。ルート内の市町村は6、活動団体は15を数えます。活動は「釧路湿原エリア」「阿寒湖エリア」「弟子屈エリア」「中標津エリア」の4地域からなる取り組み、テーマ毎にエリアの枠を超えた「景観まちづくり部会」「観光交流部会」「情報広報部会」などで実施され、自然環境保全とともに地域間連携による活性化を図っています。  ラムサール条約に登録されている広大な釧路湿原や、阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖といった神秘的な湖沼、雌阿寒岳・雄阿寒岳などの山岳地帯とその深い森、根釧台地に広がる壮大な酪農景観、タンチョウ、シマフクロウ、マリモといった野生動物など、この地域には雄大な自然を背景にした特徴的な観光資源が多数存在しています。阿寒湖温泉や川湯温泉など、道内でも有数の温泉地が滞在拠点になっています。

>>釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ ルートオフィシャルホームページ http://sbw.web-p.jp/

■地図上のポイントをクリックすると、詳細情報をご覧いただけます。
凡例
情報拠点 情報拠点
シーニックカフェ シーニックカフェ
シーニックデッキ シーニックデッキ
シーニックポイント シーニックポイント
シーニックロード(オススメの道) シーニックロード(オススメの道)

情報拠点 情報拠点

 

シーニックカフェ シーニックカフェ
     
シーニックデッキ
シーニックポイント シーニックポイント
シーニックロード(オススメの道) シーニックロード(オススメの道)

シーニックバイウェイ情報拠点 シーニックバイウェイ情報拠点
各ルートに行ったら、まず「シーニックバイウェイ情報拠点」へお立ち寄りいただくことをおすすめします。広報紙「SCENE」や、地域のパンフレットなどを入手することができます。ルート内のイベント情報などもチェックできます。
シーニックカフェ シーニックカフェ
地域ならではの魅力を味わえるシーニックカフェ。ルート内の活動団体主催の期間限定のカフェや、ルートおすすめの飲食店などです。
シーニックデッキ シーニックデッキ
地域の風景をゆったりと楽しんでもらうために、沿道に設置した簡易デッキです。地元住民おすすめの美しい景色が存分に堪能できます。
ビューポイント シーニックポイント
地域住民おすすめのシーニックポイントです。近くに駐車場があり、安全に美しい景観を堪能できます。
おすすめの道 シーニックロード(オススメの道)
ルートならではの景観を堪能できる、地域住民おすすめのドライブルートです。

UP

Copyright (C)有限責任中間法人シーニックバイウェイ支援センター
(情報提供:シーニックバイウェイ推進協議会)