トピックス

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース

2017/09/21

さっぽろサイクルラボ 特別企画 公共交通&徒歩でめぐる『消えた地名ツアー』

cyclelabo20171009

昔、「八軒」と「二十四軒」のほかに、「十二軒」という地名があったことをご存じですか?
札幌の街は、開拓使設置以降、小さな町や村が何度も合併・編入を繰り返し、現在の200万都市に発展しました。このような合併・編入を繰り返していく中で、消えた地名がいくつもあります。
今回「ブラサトル」でおなじみの和田哲さんが案内役となって、札幌市内の消えた地名の痕跡を公共交通でめぐりながら探す『消えた地名ツアー』を開催します。

一般社団法人シーニックバイウェイ支援センターも所属している「さっぽろサイクルラボ」主催の企画です。

 


  • 日時:2017年10月9日(月・祝)9:00~15:30(予定)
  • 集合場所:JR厚別駅南※
    (※札幌駅から乗車する場合は、江別方面の普通列車をご利用ください。)
  • 参加費用:2,000円
  • 参加対象:制限はございません
  • 募集定員:15名(定員になり次第、申込終了)
  • 申込締切:2017年10月6日(金)
  • 申込方法:お申込時は、参加される方の氏名、年齢、性別、連絡先住所、電話番号、メールアドレスを明記の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。参加費(申込金を除く残金)は当日お支払いください。

<当日行程>
JR厚別駅南集合→徒歩で古地名「旭町」を探す→地下鉄移動→南平岸駅周辺で古地名「麻畑」を探す→地下鉄&バス移動→古地名「八垂別」を探す→ばんけいスキー場のカフェ『ベルクヒュッテ』にて昼食→バス移動→宮の森周辺で古地名「十二軒」を探す→北海道神宮 島義勇像前にて解散

 

  • 参加費は、ツアーガイド料・イベント保険代等を含みます。
  • 上記料金のほか、当日に別途交通費・飲食費等がかかります。
  • ツアーの集合前あるいは解散後に地下鉄にご乗車される場合は、「ドニチカきっぷ」のご利用がお得です。
  • ばんけいバスではICカードが使えません。現金・回数券のみとなりますので、小銭をご用意ください。
  • 歩きやすい服装と運動靴でご参加ください。
  • お子さんの参加も可能ですが、かなりの距離を歩きます(全行程で5km程度)ので、ご了承のうえ、ご参加ください。
  • 各ツアーの行程は、当日の天候・事情等で一部変更になる場合があります。予めご了承下さい。
  • 雨天決行。雨天の場合は、各自で雨具等の準備をお願いいたします。

 

さっぽろサイクルラボ 特別企画 公共交通&徒歩でめぐる『消えた地名ツアー』チラシ


■案内役

和田 哲(わだ・さとる)
株式会社あるた出版 「O.tone」編集部デスク。街歩き研究家
昭和47年(1972)生まれ、札幌市出身。市電沿線で電車を毎日見ながら育つ。古地図や古写真から札幌の歴史をひもとき、O.toneの連載や講演活動などで発信している。NHK「ブラタモリ」札幌編、HBC「今日ドキッ!」の不定期特集「さっぽろ歴史散歩」の案内役。HBCラジオ「朝刊さくらい」に毎週金曜日7:40頃から出演中。


旅行企画・実施:株式会社北海道藍天旅遊社
主催:さっぽろサイクルラボ(一般社団法人シーニックバイウェイ支援センター、認定NPO法人ポロクル、NPO法人エコ・モビリティ サッポロ、NPO法人ゆうらん、NPO法人コンベンション札幌ネットワーク、サッポロバイクプロジェクト)
協力:石狩振興局

(平成29年度 北海道観光振興機構 広域観光推進事業)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース支援センターの活動報告

2017/09/21

ビジットジャパン大使の集い in 北海道2017「北海道観光の未来」開催いたします

シーニックバイウェイ支援センターが協力しております『ビジットジャパン大使の集いin 北海道 2017「北海道観光の未来」』が開催される運びとなりました。

観光事業の第一線で活躍を続ける観光庁認定のビジットジャパン大使様(以下VJ大使、全国で56名の任命者)が全国から札幌に集まり(9月5日現在13名様参加予定)、北海道観光の過去から現在を振り返りながら北海道観光の未来を描き出します。
基調講演、パネルディスカッション、また第二部としてご登壇者、ご参加者の皆様と親しく意見交換をする懇親の場も設けます。

ぜひ、多くの皆様のご参加をお願いいたします。

 

ビジットジャパン大使の集い in 北海道2017 「北海道観光の未来」

  • 主 催:VJ大使の会、北海道運輸局、(一社)北海道観光を考えるみんなの会
  • 協 力:北海道、(公社)北海道観光振興機構、(一社)シーニックバイウエイ支援センター
  • 募集人員:200名様(定員になり次第締め切らせていただきます)
  • 参加費:無料
    (但し第2部参加の方は当日会場受付にてお一人様5,000円を申し受けます)

第1部 基調講演及びパネルディスカッション

  • 日 時:2017年10月13日(金) 13:30~17:50(受付開始は13:00)
  • 会 場:札幌プリンスホテル パミール館 3階「大沼」
    (札幌市中央区南2条西11丁目 TEL:011-241-1111)

第2部 懇親会・立食

  • 日 時:2017年10月13日(金) 18:00~20:00
  • 会 場:札幌プリンスホテル パミール館3階「屈斜路」
  • 会 費:お一人様5,000円

 

※シーニックバイウェイでは日頃よりお世話になっている西村 紘一様(Prime Travel Group–Chairman、在シンガポール)も来札される貴重な機会となります。

 

『ビジットジャパン大使の集いin 北海道 2017「北海道観光の未来」』案内・申し込み用紙

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート 活動報告

2017/09/19

札幌国際スキー場・秋祭り~紅葉ゴンドラとパノラマ展望台!秋の味覚祭~

akimatsuri2017

札幌シーニックバイウェイの秋は、紅葉ゴンドラで、秋の絶景、空中散歩!
山頂にパノラマ展望台が新登場!お楽しみに♪

 

  • 日程:2017年9月23日(土・祝)~10月15日(日)
  • 場所:札幌国際スキー場
    〒061-2301 札幌市南区定山渓937番地先
    電話:011-598-4511(代表)
  • 期間中:無休 ※荒天時除く
  • 入場料:無料
  • 駐車場:無料

 

<紅葉ゴンドラ>
運行時間  9:30~15:30(上り乗車最終15:00)
料金(税込) 大人/1,100円(往復)※中学生以上
敬老/ 990円(往復) ※65歳以上(年齢がわかるものをご提示ください)
小学生/550円(往復) 未就学児無料
団体/ 大人 990円・小人 490円(往復) ※幼児を除く10人以上

★お徳な、お食事パックもあります!

詳しくはこちらから!
http://kouyou.sapporo-kokusai.jp/

後援:札幌シーニックバイウェイ 藻岩山麓・定山渓ルート

詳細はポスターをご覧ください

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース

2017/09/12

まちの文化祭だいどんでん × シーニックバイウェイ北海道

daidonden2017

まちの文化祭だいどんでん × シーニックバイウェイ北海道
シーニック楽演〜バイウェイ★パラダイス 道・風景・ドライブ・食の奏で〜

2001年より札幌駅前通などの会場を舞台に、多彩なジャンルのパフォーマンスが繰り広げられる祭典
「まちの文化祭 だい・どん・でん!」。

今年は「シーニックバイウェイ北海道」とコラボレーションが実現!秋のドライブ観光シーズンを前に、様々な催しを行います!

  • 日程
    2017年9月16日(土)、17日(日)
  • 入場
    無料
  • 開催場所
    札幌市中央区南1条西4丁目付近 歩行者天国
  • イベント内容
    シーニックカフェ、シーニックマルシェ、ドライブバイウェイ、お絵かきバイウェイ、十勝オホーツク自動車道 陸別小利別~訓子府IC 開通記念PRコーナー
  • シーニックバイウェイ北海道ブースのお問い合わせ先
    (一社)北海道開発技術センター tel:011-738-3363

 

まちの文化祭だいどんでん × シーニックバイウェイ北海道 シーニック楽演 〜バイウェイ★パラダイス 道・風景・ドライブ・食の奏で〜 ポスター

★まちの文化祭 だい・どん・でん! の詳細は、FBページ等をご確認ください。
https://www.facebook.com/daidonden/

http://www.daidonden.com/

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース

2017/09/01

歴史の道フォトコンテスト

dounan_photocon

どうなん・追分シーニックバイウェイルートでは「歴史の道フォトコンテスト」を開催します。募集期間は2017年9月1日(金)~2018年2月28日(水)まで。みなさまふるってご応募ください。

応募機関:
2017年9月1日(金)~2018年2月28日(水)

テーマ:
四季を通した どうなん追分シーニックバイウェイルート9町の歴史の道・風景の写真(いずれも未発表のもの)

  • 応募作品
    四つ切プリント・A4プリント(デジタルネガ)
  • 応募数
    一人5点
  • 対象者
    プロアマ、年齢問わず
  • 応募方法
    応募用紙に氏名・住所・電話番号・メールアドレス・作品題名・作品返還希望(基本返還無)を明記し、応募作品の裏に添付の上応募先へ送付してください。
  • 送付先
    どうなん・追分シーニックバイウェイルート
    歴史の道フォトコンテスト事務局宛
    〒040-0422 上磯郡木古内町字本町525番地木古内町観光協会内
    Tel:01392-6-7357
  • 表彰
    最優秀賞 1点 賞金 3万円
    入選   5点・副賞
    特別賞  各種予定
    審査発表 入賞者につきましては2018.3月に本人へ通知
  • 主催
    どうなん・追分シーニックバイウェイルート運営代表者会議
  • 後援
    北海道開発局函館開発建設部
    (一社)シーニックバイウェイ支援センター

歴史の道フォトコンテストチラシ

ページの先頭へ戻る