2018/09/20

チャリ旅みなみ北海道〜松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー

20181021monitor

「松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー」の参加者を募集しています。

津軽海峡・日本海のドラマチックな景観と汐の香りを感じながら、サイクリングを楽しみ、国道沿いに散りばめられている、地域の町の歴史や文化に触れながら巡ります。
エイドステーション*では地域の特産スィーツ等も用意してお待ちしています。
今回はモニターツアーでお得な価格になっています。ご興味のある方ぜひご参加ください。

*エイドステーション:マラソンや自転車を使ったロードレースで、水分や食べ物を補給できるようコースの途中に設けた施設


チャリ旅みなみ北海道
松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー

  • 日程 10月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝) 2泊3日
  • 集合 道の駅みそぎの郷きこない
  • 利用ホテル 1泊目温泉旅館矢野(松前)・2泊目ホテルニュー江差(江差)
  • 旅行代金
    大人1人 29,800円 (税込) (2名1室利用)
    大人1名 33,800円 (税込) (1名1室利用)
    (含まれるもの 朝食2回・昼食3回・夕食2回・施設入場料・補給食・サポートカー代金・ガイド料金)
  • 申込問合 (株)JTB 北海道事業部函館オフィス TEL:0138-56-1711 (月~金 9:30~17:30 担当:塩地・川村・佐藤)※企画協力を「歴史・文化を活かした南北海道サイクルツーリズム推進協議会」が行っています。
    この協議会は、どうなん追分シーニックバイウェイルートが立上げたサイクルツーリズムのための推進協議会で、シーニックバイウェイ支援センターも加盟しています。
松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアーチラシ

「チャリ旅みなみ北海道」
https://cycletourism-southhokkaido.org/
「チャリ旅みなみ北海道」サイトの制作運営は『歴史・文化を活かした南北海道サイクルツーリズム推進協議会』が行なっています。みなみ北海道エリアにおいて、ここだけの特色ある歴史や文化を体験しつつ、北海道の素晴らしい景観の中を自転車でのんびりと旅する楽しみ方をご紹介します。

いかがでしたか? この記事のブックマークなどはこちらからどうぞ
Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひコメントをお寄せください

全ルート活動報告

2019/03/30 New

ベンさん(西村紘一さん)を偲ぶ会の開催について

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース支援センターの活動報告

ベンさん(西村紘一さん)を偲ぶ会の開催について シーニックバイウェイ北海道に多くのご支援いただいておりました、シンガポールのフォローミージャパン(FMJ)会長でビジットジ・・・続きを読む
2019/01/24

シーニックdeナイト2019~今年も手づくりキャンドルの灯りが街をやさしく包みます~

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告

scenicdenight2019

シーニックdeナイトは、国道・道道沿線、観光施設や公園などに、手作りワックスキャンドルを設置するイベントです。平成18年度から、シーニックバイウェイ北海道「函館・大沼・噴・・・続きを読む
2019/01/24

寒さ忘れる冬の夜。シーニックナイト2019

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース支笏洞爺ニセコルート 活動報告

scenicnight2019

支笏洞爺ニセコルートでは、冬の夜にキャンドルの灯りでつなぐ“シーニックナイト2019″を開催します。寒い北海道の冬の夜、ひとつひとつに灯されるキャンドルやランタンは、様々・・・続きを読む
2018/12/28

「かみかわサイクルミーティング」のご案内

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ大雪・富良野ルート 活動報告

2019kamikawa

シーニックバイウェイ支援センターは、サイクルート北海道webサイトの運営など、サイクリストを応援するための活動を行なっております。今回上川でフォーラムが開催されますので、・・・続きを読む
2018/12/20

2018年12月23日 どうなん追分シーニックdeナイト開催

どうなん・追分シーニックバイウェイルート 活動報告シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

20181223scenicdenight

2018年12月23日(日・祝)にどうなん追分シーニックバイウェイルートの道の駅ほか5会場で、どうなん追分シーニックdeナイトを開催いたします。 たくさんのお楽しみを用意・・・続きを読む

ページの先頭へ戻る