2018/09/20

チャリ旅みなみ北海道〜松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー

20181021monitor

「松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー」の参加者を募集しています。

津軽海峡・日本海のドラマチックな景観と汐の香りを感じながら、サイクリングを楽しみ、国道沿いに散りばめられている、地域の町の歴史や文化に触れながら巡ります。
エイドステーション*では地域の特産スィーツ等も用意してお待ちしています。
今回はモニターツアーでお得な価格になっています。ご興味のある方ぜひご参加ください。

*エイドステーション:マラソンや自転車を使ったロードレースで、水分や食べ物を補給できるようコースの途中に設けた施設


チャリ旅みなみ北海道
松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアー

  • 日程 10月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝) 2泊3日
  • 集合 道の駅みそぎの郷きこない
  • 利用ホテル 1泊目温泉旅館矢野(松前)・2泊目ホテルニュー江差(江差)
  • 旅行代金
    大人1人 29,800円 (税込) (2名1室利用)
    大人1名 33,800円 (税込) (1名1室利用)
    (含まれるもの 朝食2回・昼食3回・夕食2回・施設入場料・補給食・サポートカー代金・ガイド料金)
  • 申込問合 (株)JTB 北海道事業部函館オフィス TEL:0138-56-1711 (月~金 9:30~17:30 担当:塩地・川村・佐藤)※企画協力を「歴史・文化を活かした南北海道サイクルツーリズム推進協議会」が行っています。
    この協議会は、どうなん追分シーニックバイウェイルートが立上げたサイクルツーリズムのための推進協議会で、シーニックバイウェイ支援センターも加盟しています。
松前・江差の歴史文化探訪サイクルモニターツアーチラシ

「チャリ旅みなみ北海道」
https://cycletourism-southhokkaido.org/
「チャリ旅みなみ北海道」サイトの制作運営は『歴史・文化を活かした南北海道サイクルツーリズム推進協議会』が行なっています。みなみ北海道エリアにおいて、ここだけの特色ある歴史や文化を体験しつつ、北海道の素晴らしい景観の中を自転車でのんびりと旅する楽しみ方をご紹介します。

いかがでしたか? この記事のブックマークなどはこちらからどうぞ
Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひコメントをお寄せください

全ルート活動報告

2020/04/01 New

JAF北海道本部×シーニックバイウェイ北海道の連携が始まりました!

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告

202004jafmate

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)の機関誌「JAF Mate」の4月号より、シーニックバイウェイ北海道の連載が始まります!2020年4月号より2年間の予定で、シーニック・・・続きを読む
2020/03/19 New

<ニセコクラシック2020 ボランティアスタッフ大募集!>

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ支笏洞爺ニセコルート 活動報告

niseko-classic-pub1

ANAニセコクラシック2020を、ボランティアとして支えてみませんか。 心地よいニセコの夏にボランティアをしながら楽しみましょう! 2日間に及ぶイベントは、レースにイベン・・・続きを読む
2020/03/10 New

「北海道 道の駅スタンプラリー2019」の応募延長について

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

Wチャンス賞としてシーニック賞、秀逸な道賞も設定されております北海道 道の駅スタンプラリー2019の応募期間ですが、新型ウイルスの影響を考慮し応募が延長されました。 以下・・・続きを読む
2020/01/22

寒さ忘れる冬の夜。シーニックナイト2020

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ支笏洞爺ニセコルート 活動報告

scenicnight2020

支笏洞爺ニセコルートでは、冬の夜にキャンドルの灯りでつなぐ“シーニックナイト2020″を開催します。寒い北海道の冬の夜、ひとつひとつに灯されるキャンドルやランタンは、様々・・・続きを読む
2020/01/20

『サイクルツーリズムセミナー』開催のご案内

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせプレスリリース支笏洞爺ニセコルート 活動報告知床ねむろ・北太平洋シーニックバイウェイ釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ 活動報告

20200120

北海道内でのサイクルツーリズムを加速化させるため、北海道内4箇所において、北海道・(公社)観光振興機構主催の『サイクルツーリズムセミナー』が開催されますので、ご案内いたし・・・続きを読む

ページの先頭へ戻る