2013/10/18

語り継ごう!! 江差線プロジェクト JR江差線 最後の秋冬 フォトコンテスト

esashi2013photo_con

『語り継ごう!! 江差線プロジェクト JR江差線 最後の秋冬 フォトコンテスト』を開催いたします。
みなさま、どうぞご応募ください。

【応募要項】

  • テーマ:  秋から冬の江差線(木古内-江差間)を走る列車人、自然の織りなす風物詩(未発表のものに限る)
  • 応募作品: ネガカラー・リバーサル・デジタルの四ツ切
  • 応募数:  お一人何点でも可
  • 対 象:  年齢・プロ・アマ 問わずどなたでも可
  • 応募方法: 応募作品の裏に所定の応募用紙を貼り付けて事務局に送付
  • 応募用紙: 氏名・住所・電話番号・テーマ・作品返還希望の可否を記入した自作のもの又は所定応募用紙(ちらし)
  • 送付先:  どうなん・追分シーニックバイウェイルート事務局
    北海道上磯郡木古内町字本町217 木古内商工会
    電話01392-2-2046  FAX01392-2-3411
  • 応募期間: 平成25年12月1日~平成26年2月15日
  • 審 査:  審査委員長 カメラのコジマ代表 小島正彦氏
  • 審査委員: 木古内・上ノ国・江差町各商工会及び観光協会代表
  • 表 彰:   最優秀賞 1点 賞金3万円 副賞
    優秀賞:  2点 賞金1万円 副賞
    佳 作:  100点 副賞
    *特別賞も用意いたします。
  • 注 意  ◎入賞については審査後速やかに本人に通知します。
    ◎入賞作品はすべて主催者の帰属となります。
    ◎入賞外の全作品は原則として返還しません。
    返還を希望する場合は着払いにて対応します。
    ◎入賞作品は江差線廃線時に3町で展示会を行います。
  • 主催 どうなん・追分シーニックバイウェイルート運営代表者会議後援
  • 後援 函館開発建設部・渡島総合振興局・檜山振興局、JR北海道函館支社・シーニックバイウェイ支援センタ、木古内商工会・上ノ国町商工会・江差商工会・木古内町観光協会、上ノ国町観光協会・江差観光コンベンション協会

 

いかがでしたか? この記事のブックマークなどはこちらからどうぞ
Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひコメントをお寄せください

全ルート活動報告

2021/03/09

風景街道大学 宮崎校のご案内 2021年3月13日(土)14:00~17:00

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

20210313

第11回日本風景街道大学 こんな時だからこそ、みんなで繋がろう! 素敵なコンセプトです! 1月に開催を予定していた大学の日程が決まりました。 北は北海道から、九州まで、い・・・続きを読む
2021/02/17

「みんなで育む美しい北の道展」が始まりました 

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート 活動報告

20210217kitanomichi01

国道230号沿いの豊滝除雪ステーションで、「みんなで育む美しい北の道展」が始まりました。 簾舞(みすまい)地区では2016年の「小金湯さくらの森」のオープンをきっかけに地・・・続きを読む
2021/02/02

シーニックdeナイト2021 ~やさしいあかり あったかいね きれいだね~ (函館・大沼・噴火湾ルート)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告

scenicdenight2021-01

シーニックdeナイトは、国道・道道沿線、観光施設や公園などに、手作りワックスキャンドルを設置するイベントです。2006年から、シーニックバイウェイ北海道「函館・大沼・噴火・・・続きを読む
2021/02/02

こころにともす きぼうのあかり ~シーニックナイト2021~(支笏洞爺ニセコルート)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ支笏洞爺ニセコルート 活動報告

こころにともす きぼうのあかり ~シーニックナイト2021~ポスター画像

支笏洞爺ニセコルートをキャンドルの灯りでつなぐ冬の夜を楽しむイベントです。2006年の冬から始まったこの取組み、これまでは、人が集まる場所を中心に地域住民や観光客等、多く・・・続きを読む
2020/11/20

南十勝夢街道 2021年フォトコンテストカレンダー販売中!

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ南十勝夢街道 活動報告

2021minamitokadchi

十勝シーニックバイウェイ 南十勝夢街道フォトコンテスト入賞作品が掲載された2021年のカレンダーが、今年も販売中です! 南十勝の美しくのどかな風景を、四季折々、様々な角度・・・続きを読む

ページの先頭へ戻る