2013/12/13

生物多様性の保全を考慮した「市民セミナー2013」

public_seminar20131221

函館・大沼・噴火湾ルートの活動団体である「NPO法人スプリングボードユニティ21」主催の市民セミナーが下記日程で開催されます。どなたでもお申込できます。
身近な環境づくりを知ることができる機会ですので、みなさまご参加ください。

生物多様性の保全を考慮した
「市民セミナー2013」

【日時】2013年12月21日(土)13:00~16:00

【場所】函館ロイヤルホテル
   (函館市大森町16-9 電話:0138-26-8181)

【費用】参加無料

【主催】NPO法人スプリングボードユニティ21

【申込先】NPO法人スプリングボードユニティ21
     電話:0138-45-7576
     FAX:0138-45-7701

【申込〆切】12月18日(水)

【タイムスケジュール】
  12:30 開場
  13:00 市民セミナー開会
      Ⅰ 「陸のプランクトン」トビムシ-
         その個性とつながりをみつける
           横浜国立大学 講師:中森 泰三氏
      Ⅱ 函館山のトビムシ相について
           北海道函館西高等学校 理科部発表
  13:45 Ⅲ 基調講演
           横浜国立大学 教授:金子 信博氏
  14:25  休憩
  14:40 Ⅳ 土壌生物マップ作り・テーブル発表
           札幌国際大学観光学部 教授  宮武 清志 氏
           札幌国際大学観光学部 講師  千葉 里美 氏
           函館工業高等専門学校 准教授 奥平  理 氏
           函館工業高等専門学校 准教授 宇月原貴光 氏
  15:40 Ⅴ 金子先生 総評・質疑応答
  16:00 閉会

【詳細】下記PDFファイルをご覧ください
生物多様性の保全を考慮した「市民セミナー2013」
 

※この活動は平成25年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて実施いたします。  

いかがでしたか? この記事のブックマークなどはこちらからどうぞ
Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひコメントをお寄せください

全ルート活動報告

2019/10/15 New

札幌駅前通地下歩行空間にてシーニックバイウェイ北海道「秀逸な道」パネル展開催中(10/15-27)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

20191015_27syuetsu

2019年10月15日(火)より10月27日(日)まで、地下鉄南北線のさっぽろ駅~大通駅を結ぶ札幌駅前通地下歩行空間にて、シーニックバイウェイ北海道「秀逸な道」のパネル展・・・続きを読む
2019/10/09 New

北海道の魅力的なドライブルートを首都圏で発信!!~ サンシャインシティでのイベントにシーニックバイウェイ北海道が出展 ~

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

hokkaido-marugoto20191011-14

※台風19号の影響により、10月12日(土)の開催は中止となりました。 東京・池袋で行われる「北海道まるごとフェアin サンシャインシティ2019」の開催期間中、2019・・・続きを読む
2019/07/25

トカチさんろくフォトコン入賞作品 巡回パネル展開催中! 2019年7月24日(水)~12月30日(月)まで!

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ十勝平野・山麓ルート 活動報告

tokachisanroku_jyunkai

昨年行われた、十勝平野・山麓ルート主催の「トカチさんろくフォトコン」。その入賞作品による巡回パネル展が各会場で順次行われます。当ルートのフォトコンテストとしては、初のイン・・・続きを読む
2019/07/24

2019南十勝夢街道フォトコンテスト 巡回作品展スタート!!

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ南十勝夢街道 活動報告

毎年開催されている「南十勝フォトコンテスト」の2018年度作品を、南十勝の各町村で展示する巡回作品展が7月26日、道の駅なかさつないから始まり、下記日程で開催されます! ・・・続きを読む
2019/07/22

天塩川シーニックバイウェイ×宗谷シーニックバイウェイルート連携企画! TEPPEN-RIDE 2019 ~参加者募集

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ天塩川シーニックバイウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告

TEPPEN-RIDE2019_1

手つかずの美しい自然風景が残る日本最北端エリア「きた北海道」。 初日、旭川駅を出発して日本最北端「宗谷岬」を目指して連続3日間、自分の力で約315kmの道を進み続ける自転・・・続きを読む

ページの先頭へ戻る