2014/02/18

「環太平洋の文明拠点:津軽海峡圏の縄文文化」函館シンポジウム

20140301_hakodate_symposium

函館・大沼・噴火湾ルートの活動団体である、NPO法人函館市埋蔵文化財事業団では、2014年3月1日に「環太平洋の文明拠点:津軽海峡圏の縄文文化」函館シンポジウムを開催いたします。みなさまぜひご参加ください。


函館シンポジウム
「環太平洋の文明拠点:津軽海峡圏の縄文文化」

◆基調講演

「年縞が解明する縄文の人類史的意味とその開始をめぐって」
安田 喜憲氏(東北大学大学院教授/立命館大学環太平洋文明研究センター長)

 

◆パネルディスカッション

「津軽海峡圏に展開した縄文文化とその活用:世界遺産登録に向けて」


パネリスト 石森 秀三氏(北海道開拓記念館館長)
高木 雄次氏(笹川平和財団理事長)
坪井 睦美氏(NPO法人函館市埋蔵文化財事業団事業課長)
矢野 健一氏(立命館大学文学部教授)

コーディネーター
    阿部 千春氏(函館市縄文文化交流センター館長)

 

  • 日時
    2014年3月1日(土) 13:00~16:00
  • 会場
    函館北洋ビル8Fホール(函館市若松町15-7)
  • 定員
    200名(無料)
    ※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。
  • 申込み
    電話、FAX、メールのいずれかにて下記事務局までお申し込みください。
  • 事務局
    NPO法人函館市埋蔵文化財事業団
    電話:0138-25-5510 FAX:0138-25-5606
    Email:maibun@npo-hako-maibun.jp
シンポジウム「環太平洋の文明拠点:津軽海峡圏の縄文文化」チラシ

また、翌日2日(日)10時から16時半に、函館市縄文文化交流センターにて、津軽海峡圏の縄文文化について気候や海洋など様々な分野の研究発表が行われますので、そちらも合わせてお申し込みいただければと思います。

いかがでしたか? この記事のブックマークなどはこちらからどうぞ
Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひコメントをお寄せください

全ルート活動報告

2020/08/06 New

「シーニックカフェちゅうるい」開催中!!(2020/8/1~)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ南十勝夢街道 活動報告

sceniccafechurui02

北海道の夏を思いきり満喫できる、“シーニックカフェちゅうるい”が今年も8月1日(土)にオープンしました!(※今年は、土・日のみ営業)! 十勝・忠類の大空の元で日高山脈と雄・・・続きを読む
2020/07/21 New

道北4ルート連携フォトコンテスト(宗谷シーニックバイウェイ・萌える天北オロロンルート・大雪・富良野ルート・天塩川シーニックバイウェイ)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ大雪・富良野ルート 活動報告天塩川シーニックバイウェイ 活動報告宗谷シーニックバイウェイ 活動報告萌える天北オロロンルート 活動報告

renkei_photocon

シーニックバイウェイ北海道「宗谷シーニックバイウェイ」「萌える天北オロロンルート」「大雪・富良野ルート」「天塩川シーニックバイウェイ」の、道北4ルートが連携したフォトコン・・・続きを読む
2020/07/17 New

シーニックバイウェイの活動団体同士が連携!~リレー方式で羊蹄山麓周辺のビューポイントをきれいにします~

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ支笏洞爺ニセコルート 活動報告

vppimage

シーニックバイウェイ北海道「支笏洞爺ニセコルート ニセコ羊蹄エリア」では、羊蹄山麓周辺地域の活動団体が連携し、国道276号のビューポイントパーキングに「みらいの森ビューポ・・・続きを読む
2020/07/01

2020南十勝夢街道 フォトコンテスト写真大募集!!

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ南十勝夢街道 活動報告

minamitokadhi2020

今年も南十勝夢街道フォトコンテストの写真募集が始まります。 四季折々に異なる表情を見せる日高山脈や海岸線など、景観スポットが豊富な南十勝。気軽に撮った写真もアートになるこ・・・続きを読む
2020/06/23

シーニック・クラウドファンディング 〜千歳ウエルカム花ロードver.18 道を彩る花々で、北海道を元気にしたい!

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ支笏洞爺ニセコルート 活動報告

2020_crowdfunding_niseko01

千歳ウエルカム花ロードは、”北海道の空の玄関口”新千歳空港周辺を、おもてなしの花で飾り、訪れる方をお迎えすること、次代を担うこどもたちに「おもてなしの心」を育むことを目的・・・続きを読む

ページの先頭へ戻る