2014/10/31

2014市民環境フォーラム

hakodate20141108

函館・大沼・噴火湾ルートの活動団体の取り組みである「はこだて花かいどう」からお知らせが届きました。

今年で11年目となるお花の植栽活動である「はこだて花かいどう」。
平成19年度ごろからお花の成長が少し悪くなり、植樹桝の土が原因ではないかと考えるようになり、平成24年度から本格的にミミズによる堆肥づくりを始めました。

今回の市民環境フォーラムは、土壌生物であるミミズ・トビムシの実体やこれまでの調査結果報告、そして、土と花の関係についての基調講演と盛りだくさんの内容です。
参加無料となっておりますので、みなさま是非お越しください!

 

【日 時 2014年11月8日(土)13:30~15:50

場 所 ホテル函館ロイヤル(函館市大森町16-9)

主 催 NPO法人スプリングボードユニティ21

問合せ 0138-45-7576

申込み 必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申し込みください。

【締 切 11/4(月)

内 容

  • 13:30 開会
  • 13:35 挨拶
    渋谷 元氏
    (国土交通省北海道開発局 函館開発建設部 部長)
  • 13:40 土壌生物 ①ミミズ「身近な未知の生物、ミミズ」
    南谷 幸雄氏
    (横浜国立大学大学院環境情報研究院 土壌生 態学研究室 研究員(農学博士))
  • 14:00 土壌生物 ②トビムシ「土の中の小さな虫に」
    中森 泰三氏
    (横浜国立大学大学院環境情報研究院 土壌生 態学研究室 准教授)
  • 14:20 函館近郊のミミズ・トビムシ調査報告
    奥平 理氏(函館工業高等専門学校 准教授)
  • 14:40 休憩
  • 14:50 基調講演 「土が育つと花も育つ」-土の生物多様性と植物の つながり-
    金子 信博氏
    (横浜国立大学大学院環境情報研究院 土壌生 態学研究室 教授(農学博士)
  • 15:35 質疑応答
  • 15:50 閉会

 

詳細はチラシをご覧ください。
2014市民環境フォーラム

いかがでしたか? この記事のブックマークなどはこちらからどうぞ
Facebookアカウントをお持ちの方は、ぜひコメントをお寄せください

全ルート活動報告

2021/04/21 New

ソラ★スタ そらち「道の駅」✕「シーニックバイウェイ」スタンプラリー2021がスタート!

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ空知シーニックバイウェイ-体感未来道-活動報告

sorasta2021

「空知シーニックバイウェイ」&そらち「道の駅」ネットワーク会議が連携し、空知管内を巡る地域限定のスタンプラリー「ソラ★スタ2021」を2021年4月24日(土)か・・・続きを読む
2021/03/09

風景街道大学 宮崎校のご案内●2021年3月13日(土)14:00~17:00

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ

20210313

第11回日本風景街道大学 こんな時だからこそ、みんなで繋がろう! 素敵なコンセプトです! 1月に開催を予定していた大学の日程が決まりました。 北は北海道から、九州まで、い・・・続きを読む
2021/02/17

「みんなで育む美しい北の道展」が始まりました 

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート 活動報告

20210217kitanomichi01

国道230号沿いの豊滝除雪ステーションで、「みんなで育む美しい北の道展」が始まりました。 簾舞(みすまい)地区では2016年の「小金湯さくらの森」のオープンをきっかけに地・・・続きを読む
2021/02/02

シーニックdeナイト2021 ~やさしいあかり あったかいね きれいだね~ (函館・大沼・噴火湾ルート)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ函館・大沼・噴火湾ルート 活動報告

scenicdenight2021-01

シーニックdeナイトは、国道・道道沿線、観光施設や公園などに、手作りワックスキャンドルを設置するイベントです。2006年から、シーニックバイウェイ北海道「函館・大沼・噴火・・・続きを読む
2021/02/02

こころにともす きぼうのあかり ~シーニックナイト2021~(支笏洞爺ニセコルート)

シーニックバイウェイ支援センターからのお知らせ支笏洞爺ニセコルート 活動報告

こころにともす きぼうのあかり ~シーニックナイト2021~ポスター画像

支笏洞爺ニセコルートをキャンドルの灯りでつなぐ冬の夜を楽しむイベントです。2006年の冬から始まったこの取組み、これまでは、人が集まる場所を中心に地域住民や観光客等、多く・・・続きを読む

ページの先頭へ戻る