シーニックバイウェイ北海道
1   1
1

宗谷シーニックバイウェイ

photo
→ さいほくネット、シーニックブログ (http://www.saihoku.net/scenic/blog/)

map

■関連市町村
  • 稚内市
  • 猿払村
  • 豊富町
  • 利尻富士町
  • 利尻町
  • 礼文町
■基幹ルート
  • 国道40号(豊富バイパス)
  • 国道40号(稚内国道)
  • 国道238号(宗谷国道)
  • 道道豊富浜頓別線
  • 道道稚内天塩線
  • 道道稚内幌延線
  • 道道豊富猿払線
  • 道道礼文島線
  • 道道利尻富士利尻線
  • 道道沓形仙法志鷲泊線
  • 道道抜海港線
■参加活動団体
  • NPO 法人映像コミュニティ・ム−ブユー
  • 猿払イトウの会
  • 宗谷建設青年会
  • 未来のくらしと宗谷路(ネットワーク)を考える会
  • 利尻島を考える会
  • 稚内観光協会青年部
  • 稚内商工会議所
  • 稚内青年会議所
  • 稚内のみなとを考える女性ネットワーク
  • 稚内みなとまちづくり懇談会
  • 稚内ホテル旅館業組合
  • 稚内観光協会
  • 豊富町観光協会
  • 猿払村観光協会
  • 利尻町観光協会
  • 利尻富士町観光協会
  • 礼文町観光協会

競争力ある美しく個性的な北海道の実現のために


目標
  • 宗谷らしさを未来へ伝えるための景観保全と景観づくりを行う
  • 宗谷で考える環境保全と経済活動の両立を内外に発信する
  • 宗谷にかかわるヒトとモノを情報でつなぐ
  • 宗谷のあたたかさを伝えるおもてなしの心を醸成する

活動方針

●美しい景観づくり

  • 雄大な自然景観及び宗谷らしい産業景観を魅せる
  • 魅せるための景観形成
  • より良い景観整備を目指す

●活力ある地域づくり

  • 住民及び観光客の双方にプラスとなる自然環境及び経済(財布)の両立
  • 自慢できる自然・雄大な自然景観の保全
  • 次世代が安心で豊かな生活を送れる地域づくり 

●魅力ある観光振興

  • 観光客の心に残る宗谷の旅の演出づくり
  • 『種』から育てる新たな観光の創出
  • シーニックバイウェイ活動の継続及び地域への浸透

運営方針

●地域自らも楽しむ広域連携による取り組み

  • 宗谷地域が連携しながら、地域自らも楽しみ、訪れた方々にも楽しさを提供する仕組みに取り組んでいきます。具体的には、宗谷シーニックマイレージシステム( =SSMS)として、現在活動している団体のネットワークを活用すること、及び分科会の活動を認知していただくことも目的としながら、地域の資源や各分科会のテーマ、課題等をネタにしたアイテムでポイントを進呈する仕組みです。

●地場産業との連携

  • 宗谷は、漁業と酪農が盛んな地域であり、特に水産品は一級品です。この漁業や酪農との連携として、ウニの殻むき体験や、昆布干し体験などで体験型観光メニューが人気を集めています。これらは基幹産業であり、地域の景観を形成している大切な要素であり、連携することによって新たな景観を形成していくことができます。また、その他のサービス業や観光に関わる業種、宿泊業などとも情報を共有し、来訪者へのサービスの向上を図ります。

●自己啓発及び地域浸透のための勉強会・シンポジウム等の実施

  • 4つの分科会(景観・環境・情報・観光)が広域的かつ有機的に連携して機能させるためには、メンバー自身の啓発とともに、地域への浸透を図っていくことが重要なポイントになります。各分科会の活動テーマに沿った勉強会やシンポジウムを各エリアで開催します。

●各団体との情報共有及び管内外への総合的な展開

  • 宗谷シーニックバイウェイには、対象エリアの6つの自治体の観光協会が加盟しておりますので、それぞれが集約している観光情報を共有し、各情報発信拠点(案内所・道の駅)から発信すると同時に、景観分科会・環境分科会・観光分科会と情報分科会との連携を図りながら、宗谷管内外への総合的な展開に取り組んでいきます。
  宗谷シーニックバイウェイエリアとなる6市町村で、参加カードを購入して周遊する方のために、特典が享受できたり、おすすめの情報が得られたり、また指定されたメニューを履行することでポイントが加算されるシステム。
  「ルート運営活動計画 平成18年2月より」

活動の紹介

●情報分科会の様子
photo
●景観分科会の様子
photo

●シンポの様子
photo
●環境分科会の様子
photo

●宗谷岬(稚内市)
photo
●仙法志御崎公園から
 利尻山を望む(利尻町)

photo

●宗谷丘陵の道(稚内市)
photo


今後の活動展開

  • 魅せるための景観形成
     (季節に応じた植樹・植栽活動、流木プランターづくり、スノーキャンドル)
  • 守り、育てる環境保全
     (清掃活動、外来種混入防止活動(フェリー乗り場での泥落とし等))
  • 「ひと」と「もの」をつなぐ情報発信
     (拠点・ホームページによる情報提供、統一ロゴの検討)
  • おもてなしの心をもった観光演出
     (花壇・プランター整備、撮影ポイントの抽出・整備)
  • 地域における連携活動
     (地場産業・サービス業等との連携検討、勉強会・シンポジウムの開催)
1
1
上へ

《指定ルート》
>> 函館・大沼・噴火湾ルート  支笏洞爺ニセコルート 【>>ウエルカム北海道エリア】 【>>洞爺湖エリア】 【>>ニセコ羊蹄エリア】 >>大雪・富良野ルート >>釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ >>東オホーツクシーニックバイウェイ >>萌える天北オロロンルート >>宗谷シーニックバイウェイ  >>十勝平野・山麓ルート >>トカプチ雄大空間
《候補ルート》 >>>どうなん・追分シーニックバイウェイルート >>南十勝夢街道 >>札幌南シーニックバイウェイ
1
scenicbyway@scenicbyway.jp
Copyright (C)シーニックバイウェイ支援センター
CLOSE