シーニックバイウェイ北海道
1   1
1

萌える天北オロロンルート

photo
  → 萌える天北オロロンルートの公式ホームページ http://rumoifan.net/moeten/

map

■参加活動団体
NPO法人サロベツ、幌延町商工会、幌延町農業協同組合、幌延町観光協会、天塩商工会、天塩町観光協会、天塩町農業協同組合、フラワーフレンドリーてしお、天塩川を清流にする会、遠別町漁業協同組合、遠別商工会、遠別町観光協会、(株)遠別町産業振興公社、初山別村商工会、初山別村観光協会、オロロン農業協同組合、北るもい漁業協同組合、羽幌町観光協会、羽幌商工会、苫前町商工会、苫前町農業協同組合、苫前町観光協会、NPOラシス・オビラ、小平町商工会、小平町観光協会連合会、留萌青年会議所、NPO法人留萌観光協会、留萌商工会議所、新星マリン漁業協同組合、南るもい農業協同組合、(株)エフエムもえる、増毛町商工会、増毛町観光協会、増毛漁業協同組合、ゆうゆうマーシー、豊かな森川海人をつくる増毛実行委員会
■関係市町村
  • 幌延町
  • 天塩町
  • 遠別町
  • 初山別村
  • 羽幌町
  • 苫前町
  • 小平町
  • 留萌市
  • 増毛町
■基幹ルート
  • 国道40号
  • 国道231号
  • 国道232号
  • 国道233号
  • 国道239号

活動方針

・愛着と誇りを持てる郷土の景観の保全と創出
・自然の恩恵である地元食材のブランド化と魅力の発信
・地域に優しい『くらしぶり』のお手本づくりと促進
・暮らしに根ざしたもてなしによる暖かい交流の魅力づくり
・先代の暮らしぶりと新たな価値観を将来に伝え楽しむ

運営方針

●ルート運営代表者会議

  • ルート運営代表者会議は、ルートの運営に関する意思決定機関であり、活動団体の代表者によって構成されます。

●運営機構

  • 運営機構は、各種会議の開催、他機関との連絡調整等を行う機関であり、代表、幹事および事務局により構成されます。
    運営機構は、活動団体および本ルートの活動に賛同する個人から提案されたプロジェクトについての適否を確認し、適宜、ルート運営代表者会議に諮ります。ルートの活動として推進するプロジェクトについては、関係機関との協議、調整を行うこともあります。
    また主な役割は、各種会議における連絡調整・準備・進行、行政連絡会議との連携に関わる調整、シーニックバイウェイ支援センターとの調整、その他ルート運営に関する各種事務等になります。

●プロジェクト会議

  • プロジェクト会議は、ルートにおける活動の企画・研究・実施の実質的な主体であり、運営機構(代表・幹事、事務局)およびプロジェクト担当者によって構成されます。
    プロジェクト会議は、各プロジェクトの進捗報告や相談、プロジェクト間の調整等を行います。
    また、活動団体およびルートの活動に賛同する個人から、「萌える天北オロロンルート」の活動として取り組みたい企画について自発的な提案があった場合には協議、調整を行います。

●プロジェクト制について

  • それぞれの「プロジェクト」は、将来目標像としての「ルートストーリー」を実現するための個別の取り組みとして位置づけられます。このため、各プロジェクトでは、ルートストーリーにおける「キーワード」を活動の指標として、企画内容を検討します。

 


活動の紹介

●地域トライアスロン
photo
●景観エゾカンゾウ
photo
●景観エゾカンゾウ
photo
●地域ラジオ
photo
●ひらめ底建網オーナー in 遠別.
photo
●「萌え天の森」植栽活動
photo

今後の活動展開

  • この地の風景を楽しむために多くの人が訪れています。私達は、沿道に花を植え、看板や廃屋への対応等を検討しながら、ルートの風景に愛着と誇りをもって、様々な取り組みを継続的に進めます。
  • まず自らが自然の恩恵である地元の食材を味わい、楽しむために、生産者と消費者が一体となった地域ぐるみの活動を展開します。また、さらにより多くの人たちに味わってもらうために、その魅力をPRし、新しいメニュー作りにも取り組みます。このような活動を通じて地域ブランドを構築し、この地域の「食」が全国、全世界へと発信します。
  • CO2削減に向けた新エネルギーの導入や、身近なゴミの問題、そしてルートの生態系を守り育てる活動などを通じて自然との共生を実践し、環境先進地域として、他に先駆けた取り組みを進めます。
  • 私たちが楽しんでいるアウトドアスポーツやカルチャーメニューを一つ一つ丁寧に用意するとともに、迎える側としてのホスピタリティを充実し、地域と訪れる人々との間に笑顔と暖かい交流を世界へと広げます。
  • 先人から受け継いだこれらの貴重な資源を守り育て、そして、過去から現在にいたる悠久の物語を語り継ぎます。また、この地ならではの気象や地形、また人々の気質や共有される価値観に根ざした生活文化を将来に伝えます。
1
1
上へ

《指定ルート》
>> 函館・大沼・噴火湾ルート  支笏洞爺ニセコルート 【>>ウエルカム北海道エリア】 【>>洞爺湖エリア】 【>>ニセコ羊蹄エリア】 >>大雪・富良野ルート >>釧路湿原・阿寒・摩周シーニックバイウェイ >>東オホーツクシーニックバイウェイ >>萌える天北オロロンルート >>宗谷シーニックバイウェイ  >>十勝平野・山麓ルート >>トカプチ雄大空間
《候補ルート》 >>>どうなん・追分シーニックバイウェイルート >>南十勝夢街道 >>札幌南シーニックバイウェイ
1
scenicbyway@scenicbyway.jp
Copyright (C)シーニックバイウェイ 支援センター
CLOSE