十勝シーニックバイウェイ トカプチ雄大空間
十勝シーニックバイウェイ トカプチ雄大空間
十勝型産業の創出と人口増加
「トカプチ」とはアイヌ語で「十勝」のこと。本ルートは、依田勉三ら率いる「晩成社」の入植から始まり、現在は、開拓によってできた広大な農地から生まれる農産物やスイーツなどの食文化、帯広市中心部の北の屋台に代表される「人とのふれあい」、北海道遺産のモール泉など、訪れる人の心を癒すエリアを形成しています。 地域の強みを活かした十勝型産業の創出と、移住・定住人口増に向け、様々な活動を通して地域の持続可能な成長発展に繋げます。
ルートからのお知らせ
もっと見る
人と未来をつなぐ100年の木プロジェクト
十勝シーニックバイウェイ3ルート、大雪・富良野ルート、北海道ガーデン街道が連携した事業。旭川~十勝間の幹線道路沿道に"サインツリー"を植え、訪れる人々をおもてなしすると同時に、子供たちの未来に大きな贈り物をしたいという願いから立ち上げられたプロジェクト。 美しい沿道景観の創出や道路の交通環境向上による地域振興、観光振興につなげることが目的です。広域の観光ルートが形成されることにより、ドライブ観光促進、他地域との交流人口拡大に期待しています。
ふたりぼっちパスポート
お得にルート内を周遊できるパスポートを販売。十勝シーニックバイウェイ3ルート内40箇所の施設に2人以上で訪問し、パスポートを提示すると、対象商品・サービスの2人目の料金が無料!温泉・ガーデン・グルメ・アクティビティなど、この1冊で十勝を丸ごと満喫できちゃいます!パスポートは各利用施設や帯広市内の書店で販売し、ドライブ観光促進と持続可能な経済活動を目的とした収益活動です。
トカプチマップ
ルート内のおすすめドライブルートの紹介や観光PRを含めたマップを、毎年テーマを変えて制作。2021年度は『十勝の歴史』として、歴史的建造物や観光スポットを中心に掲載。観光客からのマップの需要は高いことから、2011年から続く事業。観光拠点を中心に配布しており、今後も観光プロモーションと合わせて継続する。
ライフコンシェルジュ
十勝の魅力・生活の楽しみを伝える「ライフコンシェルジュ」は、十勝の住民によるボランティアガイド。プロの観光ガイドとはひと味違う、個性あふれるガイドは、「シーニックカフェ十勝が丘展望台」やイベントで楽しめます。より充実した観光情報を提供するための講習会も実施しています。
トカプチ情報BOX
エリア内の情報拠点に設置している『トカプチ情報BOX(観光パンフレット設置ラック)』では、ルート加盟施設のパンフレットなどを設置・配布しています。各施設の相互誘客と、十勝を楽しく巡ってもらいたいとの想いで作られ、定期的にパンフレットの確認と補充をしています。木製のラックで、トカプチ雄大空間のロゴが目印。見かけたら、ぜひご活用ください。
情報発信事業
様々な形でトカプチ雄大空間の情報を発信中!十勝シーニックバイウェイホームページでは地域の活動やルートの紹介情報、FacebookやInstagramで旬な情報をいち早く、youtubeでは会員施設の紹介や事業に関する情報を動画で発信しています。自分に合ったサイトから情報収集できますよ!

 

 

旅するシーニックバイウェイ
日本初!デジタル森林浴
鮮やかな緑が恋しくなったら訪れたい、最新デジタルを駆使した その名も"デジタル森林浴"。新たな価値を創造する取り組みやいかに。
シーニックカフェ
十勝が丘展望台(十勝川温泉)
十勝川温泉の北の小高い丘にある大パノラマ展望台で眼下には温泉街はもちろん悠々と流れる十勝川や広大な十勝平野、遠くには雄大な日高山脈の山並みが一望される最高の景観をプレゼントできる展望台です。また、山並みに映える黄金色の夕日は、絶好の景観美があります。
シーニックカフェ
十勝まきばの家 森のカフェレストラン
宿泊コテージや日本初のワイン樽サウナを備える観光施設。カフェでは自家製トマトカレーやナポリタンのほかチーズバーガー、ジンギスカンバーガーが人気。晴天時はワンちゃん同席OKのテラス席でBBQも。まきばのトマトソフトやテイクアウトOKのソフトクリーム、十勝地サイダーも販売しています。
シーニックカフェ
CAFÉ GREEN GARDEN
25,000坪の広さを誇る日本初のコニファーガーデン真鍋庭園内にある、十勝で人気のカフェ。オリジナルカプチーノソフトクリームなど、こだわりのメニューを揃えています。まるで異国の森と評されるガーデンで訪れるリスや野鳥を眺めながらゆったりとした時間をお過ごしください。テラス席でのティータイムもおすすめです。
シーニックカフェ
十勝ヒルズ
ガーデンコンセプトは「素晴らしい自然を心ゆくまで。」とし、23haの広大な土地の自然あふれるガーデンと、ここでしか食べることが出来ない食材十勝ロイヤルマンガリッツァ豚を提供しているレストランもあり、ショップ・カフェを備えた農と食のテーマパーク。散策の後はオープンカフェで世界初の豆酢を使ったドリンクやオリジナルソフトあずきソフトクリームを楽しんでみては。
シーニックカフェ
紫竹ガーデン
22のゾーンと13のコレクションを持つフラワーガーデンの中には、訪れる人の心をとらえて離さない2,000種類を超える草花があります。レストランでは、お花見弁当や、シフォンケーキやスコーン、オリジナルハスカップフルーツティーなどが楽しめます。
シーニックカフェ
チーズケーキ専門店 十勝トテッポ工房
ナチュラルチーズをはじめ、牛乳・生クリーム・卵・バターなどの十勝産や北海道産の素材を使った各種スイーツが楽しめます。

 

 

ルート内の情報や、地域のパンフレットを入手したい場合はここでチェック!

 

施設名 とかち観光情報センター

住 所 帯広市西2条南12丁目 帯広駅エスタ東館2階

電 話 0155-23-6403

 

その他にも、ルート内には地域情報を入手できる情報拠点や、シーニックデッキ、シーニックカフェがあります。各施設の場所は左のマップでご確認ください。

ルート内の市町村

  • 帯広市
  • 芽室町
  • 音更町
  • 幕別町(忠類地区は南十勝夢街道に所属)
  • 池田町
  • 豊頃町
  • 浦幌町
  • 本別町

ルートのオフィシャルリンク

道がつなぐ観光街道|十勝シーニックバイウェイ

Scenic Byway HOKKAIDO

シーニックバイウェイ北海道

シーニックバイウェイ支援センター

〒001-0011

札幌市北区北11条西2丁目2番17号セントラル札幌北ビル4F

9 552 584*33

TEL:011-708-0429(平日 9:00~17:00)

FAX:011-708-0430

E-mail:

※「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

facebookInstagram
Go to top